王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件

スポンサーリンク

相次ぐ謎の人体発火殺人事件に対し、則天武后はディー判事に早期解明を命ずる。彼を監視するチンアルらと互いに牽制し合いながらも、ディーたちは真相を解明していく。

原題:狄仁傑之通天帝國 2010年

感想

監督はツイ・ハーク(徐克)。

ディー判事もの確か全部読んでいると思う。ただ、記憶にはあまりない。

北雪の釘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1793)

北雪の釘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1793)

ロバート・ファン ヒューリック
1,100円(10/27 10:56時点)
発売日: 2006/11/15
Amazonの情報を掲載しています


キャラクターはディー判事から借りているが、オリジナルストーリーらしいので記憶にないのは良かったのだろう。

アンディ・ラウはいつもの通り。

ツイ・ハーククオリティ?

ツイ・ハークらしく血湧き肉踊る活劇なのだが、CGを多用していて、それがプア。これが中国クオリティ、というよりもツイ・ハーククオリティだから仕方が無い。これに関してはあきらめの境地だ。ストーリーもえ?というようなものもそれはあるのだが、仕方がない。ツイ・ハークだもの。キャストを見れば悪役もわかるのだが、仕方がない。ツイ・ハークだもの。

見慣れた顔が、と思ったら、レオン・カーフェイ。怪演しそうでしなかったが、前半は良かった。
結局俳優の多くが香港組だ。資本は中国、スタッフ(もだろうね)とキャストは香港、というところだろう。いつもの。北京語なのが残念だ。ところで、アンディ・ラウは本人の声なのだろうか。

唐の時代にコンタクトはない。獄中のアンディは目に何を入れていたのだろう。

キーになる男装の麗人、チンアルを演じたのはリー・ビンビン。「僕は君のために蝶になる」とは異なり、キリッとしたクールビューティーだ。同じ人とは思えないほど。アイメイクをきっちりとしているのもあるだろうが、これが演技力なのだろう。それとも、現代劇が似合わないのだろうか。

天后(武后)のカリーナはど迫力だ。これはカリーナの声のように思えたのだが。

ミソジニーからの離脱

男装の麗人チンアルは則天武后の手足でもあった。則天武后のつぶやきは「女が帝位につくことに反対するもの」「女であるというだけで」というものだった。一般には則天武后は悪女とされるのだが、それは中国の伝統的なジェンダー史観に支配された認識と捉えることができる。けれど、本作ではディーは最終的には則天武后を一代限りではあるが皇帝と認める。中国では則天武后の再認識がされつつあるのだろうか。

思わぬ拾い物 陳暁

ここのところ、30代前後、香港ならショーン・ユー、台湾ならばヴィック・チョウ、マーク・チャオより下の世代の主役をはれる俳優がリディアン・ヴォーンくらいしか名前が挙がらないなあ、と思っていた。(だからこそ、二十代前半から半ばの俳優を「イケメン俳優」としてもてはやし、その後は手のひらを返してしまう日本から、動ける俳優を突っ込んでみたいと思うのだが。)そのリディアン・ヴォーンは東洋よりのハーフ顔ではなく西洋よりのハーフ顔だから役が限られてしまう。生で見たことのあるコー・チェンドンは善良そうだが、若い頃のショーン・ユーには足下には及ばないし、最近のショーン以上に洗練が足りない。たくさん人がいるはずなのに、大陸の男の子たちはファン・シャオミン、チェン・クン、リウ・イェまでさかのぼっても妙にもっさりしていて物足りない。

しかし、しかし、本作で「国師」を演じた「陳暁」という俳優さんは顔がちらっとしか出ていなかったが、なかなかいけるかもしれない。この方の新浪微博に写真がたくさんあるのだが、やっぱりあか抜けていないが、たまに全盛期のエディソン・チャンを連想させる。でも、もみあげはあった方が良いと思う。(って、「月下の恋歌」であのウォレス・フォにまけぬ美男ぶりだった)

タイトルとURLをコピーしました