恋せよ姐GO!

恋せよ姐GO! DVD-BOX3

アラサー女子のシナリオライターのミンミンはひょんなことから新作ドラマの脚本を任される。主演男優のドタキャンにより大抜擢されたのは、ミンミンがふと推薦したイーソンだった。以前彼は人気アイドル・ユニットを組んでいたが今や落ちぶれた“元”アイドルだった。イーソンに憧れていたミンミンは、カレが活躍するような脚本を書こうとするが、主演女優のペイニーがイーソンを降板させるように制作側に圧力をかける。制作陣は第5話でイーソンが死ぬように脚本を書き換えるようミンミンに命じ、代わりに国際スターのチェンがキャスティング準備に取り掛かる。窮地に立たされたミンミンを陰ながら支えたのは、ミンミンの脚本の師匠の息子で昔からミンミンのことを慕っていたシャオティエンだった。イーソンの方も、せっかく手にした主役の座を失わないために、脚本家であるミンミンを味方に付けようとして彼女に偽りの恋愛を仕掛けるのだった。やがて二人の間には本当の恋が芽生えて行き…。

出演:
ルビー・リン(林心如)
ワン・ドンチェン(ジロー・ワン)
ケニー・リン(林更新)

2012年中国・台湾

原題:姐姐立正向前走

全部見ましたよ!結構笑いました。コメディ大好き。ただ、最終盤にかけるまでミンミンさんがグダグダなキャラですし。ペニーの事件と演じていたマギー・ウー本人が巻き込まれた事件がそっくりなのも後味が悪い作品です。しかし、見所はそこではなくて、ケニー・リンも大東も可愛くて可愛くて、というところなんです。

台湾資本も入ってるのですが、ちょっと豪華に「台湾ドラマ」を中国でやりましたって感じです。場所が台北のような全然違うところのような感じなんです。もともとイーソンの住んでいる家が台北にありそうな感じだし、第1話でイーソンが靴を売っているのも台北っぽいんですけどねえ。まあいいや。

笑ってしまったのは、2016年、このドラマから4年後のことです。

主演&プロデュースもしていたルビー・リンが電撃婚&出産をしたのですが、その相手が4歳年下のアイドル俳優(の枠でいいよね?)の、ウォレス・フォだったのです。ルビーさん、リアルに「恋せよ姐GO!」やってましたが、ミンミン老師とは違って、お姫さま系俳優をかっさらっていくところが実に漢(おとこ)らしかった。

ディスクに中国語字幕はないんじゃないかなー

ad 300250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする