黒薔薇VS黒薔薇

スポンサーリンク

バツイチの女流作家ウォンはお金も仕事もうまくいかず、TVで伝説の義賊・黒薔薇のドラマを見ては悶々とする日々を送っていた。そんなある日、ウォンは友人キュンとともに偶然殺人事件を目撃、ごまかそうと現場に黒薔薇のサインを残したためマスコミ、組織、警察から追われる羽目になり…。

原題: 92黑玫瑰對黑玫瑰 1992年

感想

監督は、ジェフ・ラウ(劉鎮偉)。90年代ごろまでの、変な映画を結構監督しているんだけど、本領を発揮するのは、王家衛映画のプロデューサーとして。東邪西毒(「楽園の瑕」が行き詰まったときに、そのキャスト(当時のトップキャスト)を遊ばせるわけには行かないので、香港コメディの大傑作「大英雄」を撮ってしまったという人。もともと「黒バラ」のようなヘンテコ映画を作っちゃうからお手の物なんでしょう。

出たときに「ダサい奴」と言われるレオン・カーフェイだが、悪くはない。問題は声だ。この声、やだあ。歌も下手きわまりない。本人なんだろうか。

黒バラに間違えられたキュンが周囲に黒バラちまちがわれると、周囲が喜ぶのかおかしかった。おじいさんに化けたキュンの不気味さ。キュン役で出てくるのがテレサ・モウ。「ツイン・ローズ」では黒バラだった。

脚本家のだっさいメガネはジリアンのメガネそっくりだし。この黒バラの弟子も男に去られているし。少し頭がおかしい上に、変なアイテムもある。ナンセンスぶり、結構すきだ。

なんで007の音楽がかかったり、ワンスアポンタイムインチャイナの曲がかかるんだ。などつっこみどころはあるのだが。ナンセンスな「ツイン・ローズ」はこれが元なんだなあ、と。

コメディだからか、本作は女戦士ものだがミソジニーは低めだ。黒薔薇の弟子たちの設定がミソジニーの傾向があるが。

当時の香港の町並みはそれほど見られるわけではないのが残念だ。

コメント

  1. […] 今回の監督は、ジャッキー・パン。「黒バラvs黒バラ」のジェフ・ラウではない。テイストが変わり、キャストは、レオン・カーフェイだけが残る。 […]

タイトルとURLをコピーしました