黒薔薇VS黒薔薇 II

スポンサーリンク

隠しておいたダイヤモンドの鍵を取りに、かつての恋人ポーチューのもとに向かったマックだが、そこに現れたのは白薔薇団のルルだった。マックが密かに鍵を盗んで逃げたことを知ったルルは黒薔薇団と手を組み、ダイヤモンドを奪い返そうとするが…。

原題: 玫瑰玫瑰我愛你 1993年

感想

今回の監督は、ジャッキー・パン。「黒バラvs黒バラ」のジェフ・ラウではない。テイストが変わり、キャストは、レオン・カーフェイだけが残る。

前作の「黒薔薇VS黒薔薇」とのつながりは、レオン・カーフェイのロイ刑事だけだ。同じ変な声、同じひどい歌だった。登場の仕方まで同じだった。

ナンセンスのオンパレードだった前作との違いは「少し」ストーリーがあることだ。こってこてのべったべたな香港ギャグは好きなのだが、今回は不発。

変だなあ、と思うのは、前回は「黒薔薇の家族」で夫が会社で「これで我が社の信用も上がる」と言っていたことだし、今回はラストで花屋の副業で泥棒をしていることだ。

ツイン・ローズ」では黒薔薇は義賊で困っている人を助けていたのでもてはやされるのはわかる。前回も「義賊の黒薔薇」なのでまあ良い。死んだのはマフィアだったし。けれど、今回の黒薔薇と白薔薇は決して良い人たちではない。確かに黒薔薇は白薔薇に「正しく生きて」と念を送るが、その割にラストは正しいことをしていない。

中華映画を見ていて、しばしば(黒社会ものではないのに)マフィアの肩を持ったり、義賊ではない犯罪者を持ち上げるようなシーンがある。この感覚には日本人としては慣れない。それほど香港も台湾も黒社会がすぐそばにあるのだろうか。友人にはまさか聞けないことだ。

見たことのある人、と思ったら、黒薔薇のメリーは「大英雄」のヴェロニカ・イップ。ケニー・ビーは「頭文字D」でチャップマン・トーの父親をしていたじゃないか。

黒薔薇VS黒薔薇 II

黒薔薇VS黒薔薇 II

レオン・カーフェイ, カリーナ・ラウ, ケニー・ビー, サイモン・ヤム
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました