画皮 あやかしの恋

スポンサーリンク

秦から漢にかけての時代の中国。将軍・王生(ワン・シェン)は合戦の最中、捕らえられていた若く美しい女・小唯(シャオウェイ)を救出する。彼は妻・佩蓉(ペイロン)に事情を話し、身寄りのない小唯を屋敷に住まわせることに。しかし、小唯は人間の姿をしたキツネの妖魔だった。人間に恋をした美しき妖魔と、“あやかし”に魅入られた夫の身を案じる貞淑な妻。妖魔と人間との間で渦巻く、深く悲しい愛の結末は―。中国本国でメガヒットを記録!

2008年 畫皮

感想

面白い。
中国映画もここまで来たか、と思ったのだが、監督は香港のゴードン・チャン(陳嘉上)。ドニー・イェンはさておき、ジョウ・シュン、チェン・クン、ヴィッキー・チャオも香港映画の常連であった。純中国産「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」が誕生するにはまだ時間がかかりそうだ。

さて、中華圏で女の嫌う女を演じさせればぴか一なのがこのジョウ・シュンとチャン・ツィイーだろう。逆にヴィッキーはむしろ同性からの高感度が高そう。ポスターからしてカマトト・ジョウ・シュンが妻で、ヴィッキーが妖狐、夫を奪われる純真な妻がおよよよよ、かと思ったのだが逆だった。

ジョウ・シュン

この女優さん自身がどんな方かは知らないのだが、この人の演じている役を見ていると、「守ってもらわなきゃ生きていけない」と見せかけて、実際にはもっともたくましく生きていくタイプなのだが、男はみんなだまされていて、というように見えてしょうがないのだ。(「女帝」にせよ、「レジェンド・オブ・カンフー」にせよ。)おそらくキャラクター設定段階ではそこまでの設定はないのだろうが、そう見えてならない。だから女に嫌われるのだ。一つ一つの演技はうまいのだが、「またかよ」と思っていた。

しかししかし、今回のキャスティングはみごと。もっともたくましいタイプであることを非常にうまく生かしている。男受けが絶大によく、事が起これば男はみんなこの人の側につき、敵だと名指した女は真実を言っているのに責められる、ということは現実にあることだ。実にリアル。

佩蓉は小唯が妖魔だと気づき指摘するのだが、見事に小唯は逃れる。夫の王は小唯の肩を持つが佩蓉を表立って責めることはないのだが。このシーンはジョウ・シュンという人の持ち味をよく生かしていると思った。

チェン・クン&ヴィッキー・チャオ

このコンビは「ムーラン」以来だ。あのイメージが強すぎてムーランとウェンタイを小唯が邪魔している、とごちゃまぜに見た私がいけないのだが。いやー、そうすると「小唯、あんた負けるよ?死ぬよ?相手はムーランだよ??」と小唯を引き離したくなるわけだ。実際に一度はムーラン、じゃなかったペイロンの愛ゆえに小唯はペイロンを死なせるのだが、その愛ゆえに小唯はバッドエンドを迎えてしまう。

チェン・クンの演技はもう少し小唯に心を揺さぶられるのか、本能的なものだけで心は奪われていない、なのかはっきりと演じ分けてほしかった。このあいまいさが男なのかもしれない。

夢の中で洞窟に導かれ、水の中の小唯に誘惑されて、というシーンがあったのだがここのチェン・クンの美しさは尋常ではなかった。美女二人どころか美女三人の映画。

ドニー・イェン

私が苦手な俳優と公言してはばからないのがドニー・イェンなのだが、今回はとてもコミカルでよかった。この人は主演ではなく助演にしたほうが良い俳優だろう。

スン・リー

だめだめ降魔師役なのだがフレッシュで良かった。

中華圏全体そうなのだが、若い女優も俳優もうまく育っていないように見える。この人はなかなかいい、と思ったのだが、この映画は2008年。もう五年も前の映画ではないか。この人は1982年生まれ。ファン・ビンビンとほぼ同じではないか。この下の世代がAngelababyまで見当たらないと思うと、イザベラ・リョンの一刻も早い復帰が待ち望まれる。

画皮  あやかしの恋

画皮 あやかしの恋

ジョウ・シュン, ヴィッキー・チャオ, チェン・クン, ドニー・イェン, スン・リー, チー・ユーウー, ジン・ソン, ハン・ジェンホァ, デビッド・リョン
Amazonの情報を掲載しています

コメント

  1. […] なーんだ。画皮2だったのか。変なタイトルをつけるのはやめて、ただただ「画皮2」で十分売れたと思うのだが。ダメなのだろうか。画皮というドラマがあるのか、すごく「画皮」はアクセスが多いのだが。 […]

  2. […] しかもラストは周迅・・・。これはきつい。「画皮」シリーズは、周迅アニキ・趙薇アネキと陳坤姉さんのトライアングルだからできたのであって、この一角が袁姍姍みたいなミスキャストでは成立しない。 […]

  3. […] 芍薬が綺麗な人だ、と思ったら、スン・リーだったか。「画皮」に引き続き、ゴードン・チャン組なのか。だめだめ降魔師から一転天女じゃないか。大出世だ。まるで違う人に見える。ただ、牡丹役の鄭爽と並ぶと、若さが明らかに違う。若さってにじみ出るのね。 […]

タイトルとURLをコピーしました