男たちの挽歌

スポンサーリンク

香港マフィアの権力抗争を背景に、組織に身を置く兄と、彼の兄弟分である組の幹部、兄の逮捕に執念を燃やす刑事の弟の友情と確執を描く。

原題:英雄本色 1986年

感想

監督はジョン・ウー(呉宇森)。プロデューサーがツイ・ハーク。もちろん、黄百鳴の新藝城が作った。 

レスリー の歌う、主題歌の「當年情」は未だに「あれやな」ってなる曲の一つ。 

オープニングのHSBC本店周辺にビルが少ない。レスリーの時代から随分と変わった。

チョウ・ユンファが「台湾だぞ、俺だって怖いんだ」というのが笑ってしまう。香港でも台湾でも私の目には裏社会は見えないから。

台北の西門町の歩道橋に建つチョウ・ユンファ。工事をしていて、ここから随分と変わっただろうなと思う。西門町の近辺が「萬華(モンガ)」でそういう場所なのである。

それにしても、主役はティ・ロン。それでも目立つのはかわいらしい顔をした次の瞬間の怖ーい表情のチョウ・ユンファ。やっぱりチョウ・ユンファは本作が一番だとおもう。でも、銃撃戦のところのマークとホーでかつて香港女子たちは腐らなかったのだろうかと思ってしまう。

そして子犬っぽいレスリー・チャン。言ってみれば、二頭の子犬を操るティ・ロンさん、という感じ?

いくつもレスリーの作品を見てから本作を見直すと、本作の前と後では随分と違う。映画スターのレスリー・チャンの誕生は明らかにここだ。本作の前までは助走にすぎない。

ほとんど無駄なレスリーのシャワーシーン・・・。
80年代でも刑事の家があんなにでかいわけがないと思うんだが。
レスリーの歌い方というか、曲って、ジェイ・チョウを知った後だと古く感じる。まあ、私の好みの声から随分低音だから仕方ないし、高音は随分とふにふに歌うので仕方があるまい。

キットにお説教をするマークが撃たれて、どばっと血がキットの顔に飛びちるシーンのレスリーの顔。良いよ、良いよ。

本当の英雄

思うのだが、本当の英雄って、ホーでもマークでもキットでもなく、タクシー会社で前科者ばかりやとって更生させようとするキンさんだろう。

ところで、ホーが出所するシーンでにゅっと人相の悪い「台湾の刑事」が出てくる。この人相の悪い男がジョン・ウー本人。その後も所々にゅっと出てくるのだが、この刑事の出てくるシーンだけ違和感が強い。このジョン・ウーのシーンの監督をしているのはレスリー・チャンだったらしい。アイドルが「僕も監督してみたぁ〜い」とか言ったのだろうか。後にレスリーはずっと監督したいと言い続け、プロジェクトも進んでいた。いろいろ教えてくれた人の一人がジョン・ウーだったのだろうか。

オーディションのシーンでレスリーの隣に座ってて、外に出てレスリーに車の窓を割られるのはツイ・ハークじゃない。本作ではプロデューサーを務めている。コミカルね。

男たちの挽歌

男たちの挽歌

チョウ・ユンファ, ティ・ロン, レスリー・チャン
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました