新しき世界

スポンサーリンク

「新世界プロジェクト」。その始まりは、韓国最大の犯罪組織ゴールド・ムーン会長の突然の死だった―。韓国最大の犯罪組織に潜入して8年になる警察官ジャソン。警察に戻る日を待ちわびていたが、自分と同じ中国系韓国人である組織No.2のチョン・チョンの信頼を得てその右腕となった今、組織を裏切っていることに複雑な思いが湧き上がっていた。ある日、組織の会長が急死し、後継者争いが勃発した。ジャソンの上司カン課長は、その隙に乗じて一気に組織の粉砕を目論み、「新世界」作戦を始動させるのだが・・・。

2013年

感想

監督はパク・フンジョン。

既視感。とにかく、「見たことのある」物語だった。

オープニングのセメントごくごくシーンはさすがに見たことなかったけれど。
潜入捜査官ものとしては「インファナル・アフェア」。潜入捜査官とヤクザの友情なら「友は風の彼方に」。どちらも潜入捜査官は警察側にいたままだった。潜入が潜入先に染まり、そして戻ることを拒否しようともがく姿なら「インファナル・アフェア3」。

潜入させた上司が暗躍するなら「インファナル・アフェア2」

ヤクザの選挙なら「エレクション」。あれは苦手だったな。レンゲをバリバリする人がいなかったのが不思議なくらい、本作は「エレクション」だった。

中華系の濃い顔に慣れすぎると、ジャソンとジュングの区別がつかないし。

決して悪い物語ではないのだが、どうも乗れないのだった。
その理由はと考えると、不必要な暴力シーンだろうか。セメントごくごくシーンがオープニングだったせいで、入れなくなったということだろう。香港男子と話していたのだが、韓国映画は不必要に残虐だ。血を見せればいいというものではない。ズドンとやればいいところを、金属バットだからより痛いではないか。香港映画の場合、例えばドニー・イェンの拳は見る側も痛みを感じるではないか。本作ではやられる側の痛みはわかるのだが、やる側の痛みが感じられない。

年をとったのかな、と思った。

囲碁の先生、シヌの声に聞き覚えがあったのだが、気がついた。「宮」で皇太子の元カノを演じた人だ。懐かしいお顔。

新しき世界

新しき世界

イ・ジョンジェ, チェ・ミンシク, ファン・ジョンミン
Amazonの情報を掲載しています

配信されてることも。

タイトルとURLをコピーしました