インファナル・アフェア 無間道

スポンサーリンク

警察と犯罪組織それぞれに潜入を命じられた2人の男が、身の危険と心のゆらぎに苦悶しながら10年の時を経て対決の時を迎える姿を緊迫感溢れるタッチでスリリングに描く。

原題: 無間道 2002年

感想

監督はアンドリュー・ラウ(劉偉強)とアラン・マック(麥兆輝)のコンビ。脚本は、アラン・マック(麥兆輝)とフェリックス・チョン(莊文強)。三人が「鉄三角」と呼ばれた、トリオ。

何度見ても面白い。ゼロ年代では一番の出来ではないだろうか。

クロニクルではこれよりも先にくる「インファナル・アフェア2」では善人だったサムは悪人で、悪人だったウォン警視は善人だ。2では善人であるために潜入捜査官となったヤンは、サムの元で自分が善人か悪人かがわからなくなっている。「警官である」それだけがアイデンティティなのに、言うことができないし、仕舞にはラウによって警官の身分すら奪われかける。愛によって悪の道に引きずり込まれたラウは、サムとラムを殺さざるをえず、ヤンも死なせてしまい、善人になろうとしても善人にはなれない。この、善と悪が相対的なのは、非常にアジア的だ。これは多神教世界だから描けるのだろうか。オープニングは仏像だし、お経の一節が引用される。

ヤンの若い頃を演じたショーン・ユーは健康優良児だった。トニー・レオンはショーンとは違って病的ですらある。善人か悪人かがわからなくなってしまったヤンには似合っている。2、3年おきに見ているのだが、こちらが年を取るごとに味わい深く、かわいらしくすら見えてくる。ラウ、という自分の影絵のような敵を得て、自分の立ち位置を「善人」に再度定めていく様子がうまいのなんの。

それに対してラウは調子がよく、「仕事ができる」男なのだが、アンディ・ラウは途中までほぼ一本調子で演じる。ラストのヤンの死まで何も演じていないと言っていいくらいだ。だからこそ、その白々しさが生きている。

さて、キョン。ヤンに対しては日本語字幕が「兄貴」となっていてヤンよりも下の扱いだ。けれど、2で見ると、ヤンはキョンに連れられてサムの元へ行くのだ。少なくとも「兄貴」ではないのではないかと思うのだが。私は広東語がわからないので実際にはなんと言っているのだろう。1を制作する際にもう2も3もプロットはできていたようなのだが、キョンはもともとは2では出る予定ではなかったのだろうか。

けたたましい色調の香港なのに、この映画のせいで私の中の香港はブルーベースになってしまった。青空も少ない香港なのに。どうしても香港が見たくなって、ビデオで本作を見た年に私は香港に飛んだ。

インファナル・アフェア 無間道(字幕版)

インファナル・アフェア 無間道(字幕版)

アンディ・ラウ, トニー・レオン, アンソニー・ウォン, エリック・ツァン
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました