ほぼ全ページにアフィリエイトリンクが存在します。アフィリエイト収入は、ドメイン・サーバー維持、ブログメンテナンス、ブログ執筆にかかるデバイス代、視聴料に費やし、ブログ読者さまに還元しています。

一念关山

スポンサーリンク

久しぶりの劉詩詩。結構面白かった。劉詩詩はアクションがきれいなのよ。

↓檸檬は制作プロダクション。猟罪のところだね。

お話は。

安国の任如意と梧国の盈公主の物語ということなのかな。師匠と弟子のシスターフッド

任如意と宁远舟の話は、なんだかメインではなかった気がする。

北西方の安国と南東方の梧国が対立する世界で。安国に親征した梧国の皇帝は安国の捕虜になった。皇弟の丹陽王は監国として残っていたが、兄が捕虜になったと聞けば野心を抱く。蕭皇后は丹陽王の野心に気付き、これを押さえようと「妊娠している。皇子に違いない」と群臣の前で明かした。安国側は皇帝の身代金と迎えにくる皇子を要求する。第三皇子の英王は皇后を守ろうとして足に障害がある。蕭皇后は英王には行かせたくない。母親の身分が低いことで姉に馬鹿にされてきた盈公主は、蕭皇后と図り男装して第四皇子の「礼王」として安国へ向かう。

一方、安国の任如意は、長年梧国に潜入していた。成り行きで宁远舟に助けられ、盈公主と共に安国へ向かう宁远舟一行と行動を共にするようになり、「礼王」の教育係になる。

ということですかね。最近のものは話数を制限されてるので、そんなに話数が多くないのに、ここまで3集かけるから。中国ドラマはスタートが鈍いwww

この人裏切るんかな?と思った文官のおじさんが今のところ、武官にも理解のある大変いい人。

六道堂・朱衣衛のモデルはおそらく明の錦衣衛じゃないかな。でも、清にも血滴子がいるか。

親政した皇帝が捕虜になり、帝位を狙う皇弟というのも明の英宗の土木の変のあれしかない。CCの「女医明妃伝」の。

本作はところどころに小ネタが挟まる感じで。同じく小ネタで白鹿がニコっと笑ってみせる寧安如夢をみた後だと、劉詩詩はコメディが苦手だったな…と思う。か弱いふりをするところも、本当にか細い人(ただし結構動ける)だし。声もふにふにだから、こういうシャキッとした人の役を演じるには吹き替えてもらわないとならないし。ただし、アクションをしているように見せることはできるのよね。ついつい白鹿と比べてしまうからか、パイセン…目に力がないと言うか、迫力がない。こんなに目が死んでたっけ…。

それより、男装の麗人どころか、皇子・礼王として生きることになった公主を演じる何藍逗。途中でほったらかしにしている虎鶴で一眉仙子を演じてた若手の女優さん。顔立ちが中性的で、衣装が体のラインを拾わないののもあって、「誰が見てもわかる中国ドラマの男装の麗人」というよりも、14歳くらいの少年っぽくも見える。自分の声で入れているらしく、蚊の鳴くようなか細い声で助けを求めるところも、一生懸命男になろうとしているところも、皇子として振る舞うところも、楊盈という人をちゃんと生きてる。いやー、うまい。やはり、そういうところは他人の吹き替えが必要な人では厳しいのよ。テレビ女優・ドラマ女優というより、映画女優としての方が大成しそうな顔立ちと演技なので、ちゃんと生かした演劇人生を歩んで欲しいところ。

もう一人の任如意の弟子こと、李同光。演じる常華森くん、しゅーっとしててかわいらしい。ところで李同光はマザコン&ドMですよね…。やばい。この子(李同光)やばい。褒めてる。

結局盈公主と李同光の成長譚ではあったか。

李同光の婚約者の初月を演じる陳昊宇は見覚えがあるんだけど、周也がずーっと怒った顔をしてる感じ?と思ったらそうではなかったみたい。如懿伝で愛されてると思ってたのに妊娠できず実は避妊薬を飲まされていたというあの子だ。あれは乾隆が悪い。あの頃すごく若かったのね…。で、年下の常華森とあまり変わらないような年齢に見えたんですよ。それはすごい。

一行重大なネタバレかますんで、反転させてる↓

さて、劉宇寧。「ドラマの主題歌を歌う人」としてポジションを確立してる人。いわゆる「歌い手さん」からデビューした人にアクションをさせるの!?と思ったけど、案外アクションをしているように見せられる人だった。演技も案外学芸会ではなかった。今のところすごくうまいとは言わないけど、この人よりももっと下手な演劇学校出身の人はたくさんいる。家庭環境的に進学する機会がなくて、バーを回る歌い手さんをしていたのだという話だけど、ちゃんと音楽学校や演劇学校に行けてたら、もっと上に行けたのかもしれないし、ひょっとしたら個性が潰されてたのかもしれないし、わかんないよねえ。ただ、今はあるべきところにいるんでしょう。

顔も「宁远舟にはブ…」と言われてたっぽいんだけど、最近の顔というよりも薄味なだけで、メイクがいいのかそんなに悪くない。ただ、口ぽかーんが、あの張凌赫よりも多くて、気になったのはそっちかな。

六道堂のメンツは。

方逸倫は「絶世令嬢」で前半は自信のなさそうな顔をしてたのが、後半肝が座ってて、びっくりしたんだった。今回は洒脱な于十三。似合う似合う。牢屋にぶち込まれてた(中でモテモテ)理由はなんなんだ。この役は、清潔な色気とコミカルさを同居させて演じないとならないので、表現が難しいよねえ。「白孔雀」ぶりが見事だった。

銭昭を演じる王一哲って、あれでしょ。大唐で一人二役の。顔がぱっつんぱっつんに腫れあがってません?大丈夫?あれでしょ?はちゃんと達成されてたんで。

タイトルとURLをコピーしました