少林寺

スポンサーリンク
wowow

動乱の中国隋代末期。圧政を強いる王将軍に父を殺された小虎は命からがら少林寺にかくまわれる。厳しい修行の末、立派な拳士に成長した小虎。だが王将軍の魔手は少林寺にも迫っていた。小虎は少林寺の仲間とともに打倒王将軍に立ち上がる。

1982年

感想

監督は張鑫炎。

舞台は隋朝の末期。

わー。ジェット・リーって可愛かったんだ!

リウ・ジャーフェイ(ゴードン・リウ)の「少林寺三十六房」もずいぶんとかわいらしかったけれど、こっちもなかなかすごいものがある。

そして、アクションはさすがだねえ。さんざん香港映画を見ているのだが、最近こういうアクション映画は少ないと思う。

確かに、「少林寺」「少林寺三十六房」「新少林寺」と、恨みを抱いた者が少林寺で少林拳を学び、恨みを晴らす、が基本になっていた。

ただ、その先なんだろうなあ。恨みそのものを手放す、というところ。仏教って、いや、宗教ってそういうことなんだろうに、武術に比重が置かれすぎだなあ。

タイトルとURLをコピーしました