瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

スポンサーリンク

今見てる!

清の乾隆帝の時代、繍坊の女官として後宮に入った魏瓔珞(ぎえいらく)は、
宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、密かに犯人を捜し始める。
そして姉の遺品に皇后の弟・富察傅恒(フチャふこう)の持ち物を見つけると、彼への疑いと復讐の炎を燃やす。
そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、
類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。
これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。
しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。愛憎渦巻く宮廷で女官から皇后にまで上り詰めた“女傑”の物語が今、幕を開ける―!

原題:延禧攻略 2018年 

感想

「延禧攻略」って言われると、延喜の帝=醍醐天皇の後宮の話かと思っちゃう(私)なので、日本公開にあたってはタイトルを練る必要があります。(醍醐天皇は治世が長く、かつ「女御更衣あまた」だし。)

それでも、「紫禁城」と「王妃」ってなんだよ、紫禁城にいたのは、皇后なんだよー!とぶつぶつと呟いている、紫禁城警察になりかけているんですが。あらすじなどでは「皇后」と書くのになあ、なぜタイトルに王妃にしちゃうんでしょうか。日本では「王妃」よりも「皇后」の方が馴染みがあるはずじゃないですかね。

なお、清朝で「王妃」というと、皇子=親王もしくは郡王の正妃だろうと思うわよ。

おまけに、潘時七ちゃん。ただ、「花と将軍」の秋水をやったときよりもまた顔をいじってるかなと。あっちでは目を剥きすぎていたので、カラコンかもしれないけれど。

于正のプロデュースなので、アイドルドラマ&なんだかな、ということになりかねないかと思ったんですが。キャストはそんなに有名な人を使ってないんじゃないかと思うんですよ。

それがねえ、結構面白いじゃないですか。中国ドラマって長編が多くて、一話から面白いということはなかなかありません。

しかし、これは別だ。意地悪な女の子におもねるように見せて、罠にかけちゃうとか。毎回毎回なんかやらかす。

主演の女の子が無表情で演じるのに、たまに大笑いしたり。これ、ヒットするわけだ。

面白いんだけど、前半はかわい子ぶって足を引っ張る吉祥にかなりいらいらします。瓔珞が必死に事態を収めようとするのに、半泣きしながらごめんなさい(許してやると言ってくれるのがわかっててそれを待ってる)のように喋り始めると、頭を掴んで壁にでも打ち付けたくなる。

吉祥が片付いて(文字通り片付いて)、次はツンデレ明玉もそれなりに頭の出来が悪い。珍珠は良い子なんだろうけどそもそもトロい。

後宮の人たちの、闇落ちぶりがすごい。争いに加わりたくなかった嫻妃も、むしろ富察皇后が好きなのかと思ったらその弟が好きだった純妃も。

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET1

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET1

ウー・ジンイェン, チン・ラン, ニエ・ユエン, カーメイン・シェー, シュー・カイ, タン・ジュオ
15,933円(01/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET2

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET2

ウー・ジンイェン, チン・ラン, ニエ・ユエン, カーメイン・シェー, シュー・カイ, タン・ジュオ
15,502円(01/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET3

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET3

ウー・ジンイェン, チン・ラン, ニエ・ユエン, カーメイン・シェー, シュー・カイ, タン・ジュオ
16,368円(01/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET4

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET4

ウー・ジンイェン, チン・ラン, ニエ・ユエン, カーメイン・シェー, シュー・カイ, タン・ジュオ
16,368円(01/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET5

瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ DVD-SET5

ウー・ジンイェン, チン・ラン, ニエ・ユエン, カーメイン・シェー, シュー・カイ, タン・ジュオ
17,630円(01/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

  1. […] 一話目から泣き叫ぶ女優たち・・・。感情の発露というものはそういうものではないと思うんですよ。特に「延禧攻略」を見ると。 […]

  2. […] 清朝の皇后に「王妃」だの、唐の貴妃(それも楊貴妃)に「王妃」と書かれてブチ切れた人が気になるのは「皇帝」になってたこと。 […]

  3. […] 本作以上に金額をかけることは許されなくなってしまったようで。さらに、長すぎて時代劇で使える放送時間を超してしまう、など。お蔵入りになるかと危惧してたら、2018年の年末にしれっと出できた。タイミング悪く、全く同じ時代(というか、本作では後半部分にあたる時代)を扱った(当然ながら、出てくるキャラクターもほぼ同じ人物たちをモデルにしている)「延禧攻略」と競ってしまった、という多少不幸な作品でした。 […]

タイトルとURLをコピーしました