カンフーハッスル

スポンサーリンク

悪の横行する時代、強さに憧れるチンピラが一人。その男の名はシン。彼の夢は冷酷無情なギャング団”斧頭会”に入ること。ある日、悪事を働こうと”豚小屋砦”なるアパートに目をつけるが、なんと住人はカンフーの達人だった!?戦う三職人に奏でる刺客、無敵の大家夫婦、遂には宇宙最強の殺し屋火雲邪神が…。その時、シンの身体に刻まれた伝説の技が甦る!!

原題:功夫 2004年

感想

舞台は、魔都上海。

豚小屋砦の連中が、あの下品な夫婦が、楊過と小龍女とか、結構武侠ものなんですよね。

「少林サッカー」のノリで見ると残虐シーンは多いわ、ラストは大日如来だわで調子が狂う。ヒロイン(ほとんど出番がない)はイザベラ・リョン系の顔立ちだが、見覚えがない。

そういえば、林雪がシンチー映画に出ているのは本作以外で見た記憶がない。

西遊記 はじまりのはじまり」は結局本作を土台に組み立てた物語だと思えた。ただ、シンチー本人が主演ではないので、主人公のキャラクター設計が変わり、それが功を奏したというところか。結局あれも大日如来だし。チャウ・シンチーに何があった?

カンフーハッスル コレクターズ・エディション [DVD]

カンフーハッスル コレクターズ・エディション [DVD]

チャウ・シンチー, ブルース・リャン, ユン・チウ, ユン・ワー
1,013円(10/24 06:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

  1. […] 「寒戦2」を見て時間があったので入っている感じのもの(どの映画館でも何回もやってたから入ってるんだろうなあと思った)に入っただけなのだが、エディ・ポンが出てきて笑ってしまった。アーロン祭りと思ったらポンポン祭りだった。とおもったらそうでもなかったんだが。 […]

  2. […] 実は校長を演じた廖啟智はベニー・チャンのミューズのおっさんである。つまり今回は計画したわけではないのだが、香港でアーロン・クォックのコンサートに行き、アーロン主演の「寒戦2」をみてアーロン祭りで終わるとことが、「寒戦2」で重要な役をしていたエディ・ポンを「危城」で連続してみたのでぽんぽん祭りと思いきや、ベニー・チャン監督作品だったために廖啟智が無残に殺され、本作も廖啟智が校長だったのである。・・・アーロンで始まり廖啟智で終わる。なんちゅう香港旅行! […]

タイトルとURLをコピーしました