夢翔る人/色情男女

スポンサーリンク
夢翔ける人 色情男女

夢翔ける人 色情男女

カレン・モク, アランモー, チャン・シウチョン
2,487円(10/26 05:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

色情男女 Viva Erotica 1996年

感想

監督はイー・トンシン(爾冬陞)。

シンは映画監督だ。けれど、売れない。婦人警官の恋人に食わせてもらっている。仕方がなく、ヤクザの出資でポルノを撮影することになったが、ヤクザの愛人の主演のモニクはわがまま一杯な上に大根。恋人にも愛想を尽かされた。なんとか撮影を終えるが、今度はセットが燃えてフィルムも一部燃えた。

という、ちょっとリアルなお話。

自殺してしまう芸術肌の監督役はラウ・チンワン。監督の名前は「イー・トンシン」。わらったわらった。けれど、飛び降りて入水自殺するのだが、レスリー・チャンは飛び降り自殺したのだった。ちょっと後味が悪い。
売れっ子監督はアンソニー・ウォン。王晶がモデルかしら。
ただ、「ブギー・ナイツ」の方がテンポが良かったと記憶するのだが。

スー・チーはメタではわざとらしい「大根」なのだが、地の演技はなかなか。ちゃんと「引き出されて」演技ができるようになるし。広東語が私にもかなり訛って聞こえたが。ここが「女優」としてのスタートだったのだろう。

レスリー・チャンはコミカル。

スー・チーはそれほど今と変わらないと思ったが、カレン・モクは若いというよりも、可愛らしい。それはいつもチャウ・シンチー映画で変な役ばかりしているからだろう。気がついたのだが、映画の出資者のヤクザは「ブラック&ホワイト」の親分だった。この人(チン・プイ)はイー・トンシンのお兄さん。

完成したメタの「色情男女」は90年代だなあ、というカットだった。女の顔に、別取りした男の顔のフィルムがかぶさっていくところなどが。

どうして、香港の90年代の映画はこんなに古く見えるのだろう。96年なら、日本では「ケイゾク」前夜と言っていいし、アメリカの「エネミー・オブ・アメリカ」なんかもちっとも古く見えない。それが香港の、そして中国の成長なのだろうか。

夢翔ける人 色情男女

夢翔ける人 色情男女

カレン・モク, アランモー, チャン・シウチョン
2,487円(10/26 05:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

古いので、レンタルが一番。

タイトルとURLをコピーしました