モンキー・マジック 孫悟空誕生 & 西遊記 孫悟空vs白骨夫人 & 西遊記 女人国の戦い

スポンサーリンク

西遊記ものはたーくさんあってだなあ。こっちは、アーロンが牛魔王になったり孫悟空になったりするシリーズ。

モンキー・マジック 孫悟空誕生

世の中を統治していた天界の玉皇大帝は、権力を独占しようと神々に戦いを挑んだ魔界の牛魔王を火山に追放。
破壊された天界を修復中に結晶石の欠片に命が宿り、血気盛んな猿が誕生した。
「孫悟空」と名付けられ、瞬く間に多くの技を習得した悟空だったが、天界の転覆を狙う牛魔王に愛する者たちを殺され、陰謀に巻き込まれていく――。

原題:西遊記之大鬧天宮 2014年

感想

監督は、鄭保瑞。

悟空が三蔵法師と旅に出る前の物語。ドラマなら1話でちゃっちゃとやってしまうが、きちんとやってるよ。もちろん脚色はしてあるが、これまで見た中で一番原作に近い。

ドニー・イェン!
完全に猿じゃないか。笑っちゃった。しかも、なんか目をパチパチさせたり可愛いのだ。ドニーがしていると思うと笑いが倍増。機内で爆笑してしまった。隣がいなくて良かったよ、本当に。

牛魔王のアーロン・クオックだが、単調なのだ。ヒールなのになあ。決して上手い俳優ではないドニーなら十分食えるはずなのに、食えなかったのは残念。

鉄扇公主はジョー・チェン。「ハートに命中100%」のポストイット女から大出世。
玉帝はチョウ・ユンファ。この人の王様は飽きたん。

こけにされている楊戩(二郎)はピーター・ホー。確か、サムソンの中国におけるステマをフライングしてバラしちゃったとか、なんだか間が抜けている人イメージが強いのだが、楊戩、簡単に牛魔王にだまされるとか間抜けだよ。間抜けキャラで行くの?いいの?

モンキー・マジック  孫悟空誕生

モンキー・マジック 孫悟空誕生

ドニー・イェン, チョウ・ユンファ, アーロン・クォック, ジョー・チェン, ピーター・ホー, ジジ・リョン, ケリー・チャン
Amazonの情報を掲載しています

西遊記 孫悟空vs白骨夫人

孫悟空(アーロン・クォック)が五行山に閉じ込められて500年。
経典を得るため天竺へと向かう三蔵法師(ウィリアム・フォン)の危機を救うために封印を解かれた孫悟空は、猪八戒(シャオ・シェンヤン)や沙悟浄(ヒム・ロー)らと三蔵法師のお供をすることに。
永遠の命を得るために三蔵法師を食べようと狙う妖怪・白骨夫人(コン・リー)は孫悟空を遠ざけることに成功し、三蔵法師を捕える。
一方、孫悟空は観音菩薩(ケリー・チャン)によって自らの宿命を思い出す。
孫悟空と白骨夫人の壮絶なバトルが、いま始まろうとしていた――!

原題:西遊記之孫悟空三打白骨精 2016年

感想

本作の、前作は「モンキー・マジック 孫悟空誕生」。ドニー・イェンが孫悟空をやったもの。アーロン・クォックが牛魔王。監督も、前作同様、鄭保瑞。

ところが。

ああ、ああ、みてやるよ、富城さんの孫悟空みてやるよ、と見たはいいが。こっちの前作は、ドニー・イェンが孫悟空をやって、富城さんが牛魔王をやったやつ。つまり、アーロンったら、同じシリーズで牛魔王から孫悟空にジョブチェンジ。

んーん。

原題が「西遊記之孫悟空三打白骨精」なもんで、「三回打つんだな」というのはわかっちゃう。というよりも、古典なもので、白骨夫人ならどの話かがわかっちゃうわけよ。ネタバレもクソもない。このシリーズは、比較的呉承恩の原作に近い。けど、微妙なんだなあ。

西遊記(10冊セット) (岩波文庫)

西遊記(10冊セット) (岩波文庫)

11,242円(10/16 06:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

ここで岩波を持ってくるのが私らしいでしょ。

日本のポスターというか、パッケージはダサイのだけど、中国のポスターの「白骨精」のお綺麗なこと。コン・リー、どちらかというと下品な雰囲気の「覇王別姫」(それは役柄仕方がない)なんかと比べるとはるかに綺麗なんだから、困っちゃう。ねえ、この人もう50代なのよ。メイクはケバいし、(老婆役もするけど)、CGとスタントを駆使しているのだろうけれど、若く見えてアクションもきっちりやってるように見えるんだからすごい。

で、この「若く見える」しかしすでに50代。それをみんな知ってるからこその「白骨精」。

50代で未だに20代・30代と大きく変わらないような女優が中華圏にいないからだ、みんな引退しちゃってるからさ、というのが事実なんだろうけれど。どちらかというと、「この人が白骨精!?」という意外性でマギー・チャンを引っ張り出して欲しいけれど、マギー・チャンよりはまだロザムンド・クァンあたりのほうが出てきてくれそうだ。迫力という点ではやはりコン・リーに敵わないか。

と、ここまでコン・リーというよりも「白骨精」について語ったのだが、まあ、お分かりだろう。

・・・あまり宜しくない。

お金はかかってるんだろうし、アーロンの孫悟空(そういやこの人だって50過ぎてるのよ)もよろしい。ケニー・リンの孫悟空はこの足元にも及ばない。

それでも、ぶち壊したのがウィリアム・フォンの三蔵法師。

なんというかねえ、やりたい方向が、「はじまりのはじまり」の文章のやった三蔵法師なんだというのはわかるのよ。「モンキーキング」よりも、「はじまりのはじまり」の続編にしたほうが収まりが良かったかもしれない。「妖怪の逆襲」よりもこっちのほうが多少できが良い(コン・リーのおかげだけど)。

出家した法師ではあるけれども、「悩める青年」でもある三蔵法師。そこから、人に親切でありたい三蔵法師。同時に弟子を怖れる三蔵法師。妖怪でもある弟子をどこまで信用できるのか。

多分、描くべきはそこだったんだと思うし、そこを描きたかったんだとも思う。悟空は「無辜の人を打ち殺す」んですよ、三蔵から見れば。「すべて師匠のためなんです」なんて言われて、どうするの?

悟空側の「わかってもらえない」辛さのほうは見ていて痛々しいのに、それを受けるはずの三蔵法師の苦しさがわからない。

ここは上手く描くと、プラトニックにSMちっくなBLなんだぞ!?悟空×三蔵のBLなんだぞ!?

ラスト二話、というか三話くらいをきちんと再編集してくれ!と思う「花千骨」のほうが、弟子の師匠に対する愛情ゆえの暴走と、師匠の払った犠牲(=必ずしも弟子には伝わらないし、伝えたいとも思っていない)をきちんと描けていたと思うくらいだ。俳優としてはウォレス・フォよりもウィリアム・フォンの方が演技の幅があるような気がしていたんだが、これは脚本のせいなんだろうかね・・・。

ひたすら、コン・リーを愛でる作品であった。

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人 [DVD]

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人 [DVD]

アーロン・クォック, コン・リー, ウィリアム・フォン, シャオ・シェンヤン, ヒム・ロー, ケリー・チャン, クリス・フィリップス
4,100円(10/16 06:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

西遊記 女人国の戦い

天竺をめざし旅していた三蔵法師と孫悟空、猪八戒、沙悟浄は、女性しかいない「女人国」へ迷い込み、囚われの身となった。生まれて初めて男性を見た女王は三蔵法師に恋心を抱くが、“河の神”をも巻き込み、国家存亡をかけた戦いに発展していく──!!

原題:西遊記女兒國 2018年

感想

ソイ・チェン監督の、「孫悟空誕生」「白骨夫人」に続く三作目。

今回はキャストの変更はなく、三蔵法師がウィリアム・フォン。孫悟空がアーロン・クォック。

今回のゲスト(=妖怪)は、(前作で名前を出した「花千骨」の)チャオ・リーイン。しかもこの後でリーインはウィリアム・フォンと結婚。

本作も、他の孫悟空物と比較しても、かなり原作に忠実な方。

しかしながら、何か足りないんだよねえ。

チャオ・リーインも、もっと演技ができる人なのになんで??

ウィリアム・フォンも、相変わらずの大根ぶり。

アーロンがうまいだけなんだよなあ。。。

西遊記 女人国の戦い [DVD]

西遊記 女人国の戦い [DVD]

アーロン・クォック, ウィリアム・フォン, チャオ・リーイン, リン・チーリン, シャオ・シェンヤン, ヒム・ロー, ジジ・リョン, ホー・シンリン
3,819円(10/16 19:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

このシリーズは配信されてることも

タイトルとURLをコピーしました