プロジェクト・グーテンベルク 贋札王

スポンサーリンク

タイの刑務所から香港警察へと身柄を引き渡された男、レイ・マン(アーロン・クォック)。世界を震撼させた国際的偽札(贋札)製造集団のメンバーである彼は、数々の容疑で取り調べを受けることになるが、そこにレイの友人、ユン・マン(チャン・ジンチュー)が現れる。レイの保釈を求める彼女に対し、ホー副署長(アレックス・フォン)は、今も行方不明となっているチームの首領・“画家”(チョウ・ユンファ)について話すことを要求。そして、“画家”に最愛の人を殺害され、復讐を誓うホー警部補(キャサリン・チャウ)の前で、レイは自身の“過去”について語り始める。冷酷無比な“画家”の報復に怯えながら——。
1995年、カナダ・バンクーバー。苦しい生活を送る恋人同士だったレイとユンは、ともに励まし合い、画家として名声を得ようとしていた。その後、ロク(カール・ン)に才能を認められ、個展を開くことになるユン。それに対し、生計のため有名絵画の贋作を手掛けるまでに堕ちたレイ。そんな彼の前に、“画家”が現れる。
彼のカリスマ性に惹かれたレイは、彼が率いるチームに参加する。“画家”の父と仕事をしてきた原版技師のヤム、管理担当のラム、警備担当のウォン・ポー、輸送担当のセイ・ホイといったエキスパートたち。レイは彼らとともに、アメリカ政府が新たに発行する100ドル札偽造という、前代未聞の計画を進めていくのだった。幾度にわたる贋札技術の攻略を経て、ついに偽造100ドル札が完成。世界の大物たちと取引を行うなか、黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)を仕切る将軍(ジャック・カオ)との取引に失敗。彼が率いるゲリラなどを相手に、壮絶な銃撃戦が繰り広げられるなか、レイは将軍に囚われていた偽札製造の専門家、シウチン(ジョイス・フォン)を助け出す。
一方、カナダでの特殊インク強奪事件を機に、マー主教として極秘で潜入捜査を行っていたリー捜査官(デヴィッド・ワン)はともに“画家”を追っていたホー警部補とのあいだに愛を育んでいた。そして、ついに香港のホテルの一室で、“画家”とマー主教との取引が行われることに。だが、そこには“画家”によって誘拐されたユンとロクの姿もあった……。数奇な物語の顛末がレイの口から語られたとき、“画家”がふたたび姿を現し、衝撃の真実が明らかになる! !

原題:無雙 2018年

感想

監督は、フェリックス・チョン(莊文強)。美術にアラン・マックが入ってる。というわけで「インファナル・アフェア」組です。ノワールです。

主演はチョウ・ユンファと、アーロン・クオック。もう見飽きた顔ではある。

面白いか面白くないかと言われれば面白いのだが、なんせねえ。

チョウ・ユンファの皮膚が「おじいさん」。おじいさん役ではなく、おじさん役なのに。そりゃ、年齢がそうだもの。さらに、アーロンもおじさんすぎる。

ユンファに機関銃を両手に持たせるって、ジョン・ウーすぎる。おい、フェリックス!いいかげんにしろ。ユンファが偽札なら、あるよね?ってないのよ。「男たちの挽歌」のあのシーンはいるでしょ。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』予告編

つまり、配役も配役で、ユンファはおじいさんすぎるし、過去と同じようにしか演じない。「それでいいんですよ、だってチョウ・ユンファだから。二丁機関銃を持たせれば拍手喝采!」ってそういう層がターゲットだ。この、「日本のテレビが誰をターゲットにしているか」によく似た構造。

もうげんなりする。

上出来ですよ。ストーリーテリングもそう、映像もそう。最後のひっくり返すところもそう。上出来です。本当に上出来です。しかし、これまで香港映画を見てれば見てる分だけ、上出来だからこそ、飽き飽きしてくる。

結局、ユンファは偽札に火をつけなかったし(という話ではない)。

15年くらい前に「(香港映画は)おじさんたちが頑張ってるから、若手はなかなか上がってこれない」と言われたことがあるけれど、今になれば思う。そうではない。頑張っているのではなくて、マーケットが小さくなり、若手が働きたい場所ではなくなってる。つまり、このおじさんたちに新規の市場を開拓できるわけでなし、香港映画の、生存者利益があるだけだ。

これ、台湾ドラマの現在でもあって。台湾アイドルドラマを支えてきた、1975年から1985年生まれくらいの、現在35から45くらいの層の下があまりいないこと。ごくごく数人いなくはないのだけれども、それは15年前の香港だってそうだった。

寒戦で香港映画はまだ終わらぬかと思ったけれど、やっぱり終わってんだな。

動画配信されていることも。

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王 [DVD]

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王 [DVD]

チョウ・ユンファ, アーロン・クォック, チャン・ジンチュー
4,227円(06/22 00:53時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました