英雄 ~HERO~

スポンサーリンク

紀元前200年、戦乱の中国。のちの始皇帝となる秦王のもとに、王を狙った刺客を3人殺したという無名という男が現れた。その功績を讃え特別に謁見を許された彼は、刺客を殺した経緯を王に語りはじめる。しかし、それは多くの謎を含み、話は二転三転していく…。

原題:英雄 2002年 

感想

こんなにメッセージ性の強い作品とは記憶していなかった。

初めて見た当時、無名は王に王道を説きにきただけなのかと思った。そうではなかった。

無名は途中までは本当に殺すつもりだったのだろう。
趙の人間だったのに両親を殺され秦の人に育てられた無名は剣に励み、両親の仇を討つために生きてきた。
長空と示し合わせ、飛雪か残剣の強力があれば王を狙える。嘘の物語をもっともらしく語ってやれば王は信じるだろう。

しかし、無名の気は変わる。

その変調は王が無名の嘘を見破ったときだろう。

恨み(小さな大義)よりも、大きな大義。
それは戦国時代を終わらせること。天下統一できるのは秦王のみ。
国同士の恨みなど小さなもの。

それを飛雪は理解しない。王に会うまでは無名自身も理解していなかった。実際に剣を交えて初めて残剣は理解した。

残剣の言葉を伝えに来た無名を殺させねばならない大王。法治国家を作るためには自らの法を曲げるわけにはいかなかった。儒家であれば、伝えにきた無名は殺されないだろう。人治主義だから。しかし、法家にはそういうわけにはいかない。

ヒーローとは誰だったのか。命をかけて皇帝に伝えた無名なのか。無名に教えた残剣なのか。
始皇帝となる秦王こそ、英雄だった。焚書坑儒のせいもあり、後世に残忍さを伝えられる始皇帝。しかし、分裂した国をまとめあげたその手腕と能力。ヒーローとはこの人、始皇帝だった。

ときに政治の世界では大きな目的のためには涙を飲まねばならないことは多々ある。まさに、本作は政治の世界を寓話にしたような作品だ。どうして本作の後にチャン・イーモウはろくな作品を作らないのだ・・・

さて、むさ苦しいトニー・レオンの凄まじい色気。瘴てられるわ・・・

英雄 ~HERO~ 通常版 [DVD]

英雄 ~HERO~ 通常版 [DVD]

ジェット・リー, トニー・レオン, マギー・チャン, チャン・ツィイー, ドニー・イェン
2,478円(09/25 18:02時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました