チャイニーズ・ゴースト・ストーリー

スポンサーリンク

幽霊が出ると恐れられている蘭若寺。何も知らずにそこで一夜の宿をとった青年ツォイサンは、美しい娘シウシンに誘惑される。実は、シウシンは千年前の妖怪ロウロウの命令で、男を誘惑してはその命を奪っている幽霊だった。だが、善良なツォイサンの無垢な心に触れたシウシンは、やがて彼に恋してしまう。ツォイサンもそんなシウシンを愛するようになるが……。

原題:倩女幽魂 1987年

感想

ジョイ・ウォンをスターにした映画、として有名な作品だ。しかし、ジョイ・ウォンは口が半開きでなんだかだらしない感じがする。それよりもレスリー・チャンだろう。美しく、繊細そうで、そのくせコミカル。

VFXを駆使した作品なのだが、まあ、80年代だから仕方がない。チープで、そちらが笑える。馬鹿にしているのではなくて、コミカルなシーンが少なくなく(床下の妖怪のシーンとか)、チープさが非常にいい味を出していた。

監督は、ツイ・ハーク組の程小東。ワイヤーアクションの人ですね。

ツイ・ハークは本作でプロデューサーを担当しているのだが、VFXに味をしめたらしく、本作以降特殊撮影ものを多く監督している。が、つまんねーものが多いのなんの。いつまでも「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」ではいけないだろうと思う。成功体験が足を引っ張るとはこういうことなのだろう。

特典で音楽監督のジェームズ・ウォンのインタヴューが入っていたが、そちらも面白い。ウー・マの歌う歌はヒップホップ状態なのだが、これが良かった。「人間道」「道道道」という言葉が入っていたが、これが続編でタイトルに使われることになる。

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー(字幕版)

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー(字幕版)

レスリー・チャン, ジョイ・ウォン, ウー・マ
Amazonの情報を掲載しています

コメント

  1. […] 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」同様、監督は程小東。プロデューサーはツイ・ハーク。主演はレスリー・チャンと、ジョイ・ウォン。 […]

  2. […] レスリーがアイドルからスターに脱皮する時期がこの頃か。まずは「男たちの挽歌」が86年。「挽歌2」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」が87年。幽霊の撮影はおそらく「ゴースト・ストーリー」へのオマージュだろうか。それとも幽霊ものが流行っていたのか。 […]

タイトルとURLをコピーしました