男たちの挽歌

公開日時 作成者 satoko

原題;英雄本色 A Better Tomorrow
監督;ジョン・ウー(呉宇森)
出演;ティ・ロン(狄龍 )チョウ・ユンファ(周潤發)レスリー・チャン(張国栄)
1986年 香港

あらすじ

ホーと射撃の名手のマークはヤクザの良いコンビだった。ホーと弟のキットは良い兄弟だ。しかし、キットは兄がヤクザだとは知らない。キットは警官になった。二人はの父はホーに足を洗うように頼んだ。次の台湾の仕事がおしまいだ。ホーはボスに言われてシンを連れて取引に行く。ところが様子がおかしく、二人は襲われた。ホーは重傷を負う。一方香港では二人の実家では男が父を襲い、キットと恋人の応戦むなしく、父は死んでしまう。「兄貴を許してやれ」というのが最後の言葉だった。

ホーは裏切り者がいると思う。シンだろうか。ホーはシンを逃がして自首することに決めた。マークは台湾のボスのところに行く。台湾のボスの甥が相手だった。居場所を知ってマークは襲いった。皆殺しだ。しかし、マークも膝を壊された。ホーは収監され、キットは警官になった。

三年後、キットは一人前の刑事になっていた。ホーは釈放され、香港に戻る。雨の中、キットとホーは再会したが、キットは兄を許さない。ホーはタクシー運転手になる。ホームレスのような格好をしたマークは足を引きずりながら車の窓を拭いていた。新たにのさばっていたのはシン。マークはキットがシンを追っている。危険だと忠告した。

キットは昇進できない。兄のせいだ。兄が香港に戻ったからだ。シンの事件からも外された。キットはシンを追って行った酒場でホーとマークがシンに会ったのを見た。キットはホーを取り調べる。キットは混乱していた。

シンはホーを呼び出した。ホーに弟を抱き込めという。ホーは断る。
マークを追って台湾の警察が香港にやってくる。香港の警察、そしてFBIもシンのもとに麻薬と偽札が届くのを知る。キットは単身でシンを追い続ける。妻の誕生日もそっちのけ。ホーはキットに「シンの罠に気をつけろ」というのだが、キットは自ら罠に飛び込んで行って銃撃される。警察はホーに報告してくれと頼む。

マークはマークでシンたちにリンチされている。マークはタクシー会社に落とされ、タクシー会社はヤクザに襲われた。マークはホーに巻き返そうというが、ホーにはできない。

マークは一人偽札工場のテープを奪った。ホーがバイクでテープを受け取りにきた。ホーはシンと取引する。しかし、ホーはジャッキーにテープを渡した。今夜九時までにキットに渡せと。キットはカセットを聴いて逮捕しに飛び出す。

シンはボスを殺した。ボスを殺した銃をホーに奪わせた。もちろん、ボスの家の家政婦はホーが殺したと警察に言う。埠頭には子分たちがいた。ホーはマークをボートに乗せて先に行かせる。キットは一人車を飛ばした。キットは囲まれてしまう。銃撃戦になりマークは引き返す。銃撃戦のさなか、ホーは重傷だ。マークがキットにホーを許せと言う最中に、マークは銃弾を浴び、死んでしまう。警察がきた。容疑者はホー。シンは「自首する。金を使えば三日後に釈放される。お前のせいで弟は真っ黒になっちまったな」という。弾切れのホーにキットは自分の銃を渡した。ホーはシンを射殺し、自分の手にキットの手錠をかけた。

レビュー

レスリーモードに入ってまた借りたわけだ。

あれから変わった・・・

オープニングのHSBC本店周辺にビルが少ない。レスリーの時代から随分と変わった。

チョウ・ユンファが「台湾だぞ、俺だって怖いんだ」というのが笑ってしまう。香港でも台湾でも私の目には裏社会は見えないから。

台北の西門町の歩道橋に建つチョウ・ユンファ。工事をしていて、ここから随分と変わっただろうなと思う。西門町の近辺が「萬華(モンガ)」でそういう場所なのである。

ティ・ロン&チョウ・ユンファ

それにしても、主役はティ・ロン。それでも目立つのはかわいらしい顔をした次の瞬間の怖ーい表情のチョウ・ユンファ。やっぱりチョウ・ユンファは本作が一番だとおもう。でも、銃撃戦のところのマークとホーでかつて香港女子たちは腐らなかったのだろうかと思ってしまう。

そして子犬っぽいレスリー・チャン。言ってみれば、二頭の子犬を操るティ・ロンさん、という感じ?

レスリー・チャン

いくつもレスリーの作品を見てから本作を見直すと、本作の前と後では随分と違う。映画スターのレスリー・チャンの誕生は明らかにここだ。本作の前までは助走にすぎない。

ほとんど無駄なレスリーのシャワーシーン・・・。
80年代でも刑事の家があんなにでかいわけがないと思うんだが。
レスリーの歌い方というか、曲って、ジェイ・チョウを知った後だと古く感じる。まあ、私の好みの声から随分低音だから仕方ないし、高音は随分とふにふに歌うので仕方があるまい。

キットにお説教をするマークが撃たれて、どばっと血がキットの顔に飛びちるシーンのレスリーの顔。良いよ、良いよ。

その他

思うのだが、本当の英雄って、ホーでもマークでもキットでもなく、タクシー会社で前科者ばかりやとって更生させようとするキンさんだろう。

ところで、ホーが出所するシーンでにゅっと人相の悪い「台湾の刑事」が出てくる。この人相の悪い男がジョン・ウー本人。その後も所々にゅっと出てくるのだが、この刑事の出てくるシーンだけ違和感が強い。このジョン・ウーのシーンの監督をしているのはレスリー・チャンだったらしい。アイドルが「僕も監督してみたぁ〜い」とか言ったのだろうか。後にレスリーはずっと監督したいと言い続け、プロジェクトも進んでいた。いろいろ教えてくれた人の一人がジョン・ウーだったのだろうか。

オーディションのシーンでレスリーの隣に座ってて、外に出てレスリーに車の窓を割られるのはツイ・ハークじゃない。本作ではプロデューサーを務めている。コミカルね。

男たちの挽歌 への3件のフィードバック