許されざる者

スポンサーリンク

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wp389351/kokontouzai.org/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 143

19世紀末のワイオミング。かつては列車強盗や殺人で悪名を馳せていたウィリアム・マニーも、今は農夫として2人の子供とひっそり暮らしていた。そんな彼のもとに、若いガンマンが賞金稼ぎの話を持ちかける。彼は二度と握らないと誓った銃を手にすることを決意し、昔の相棒ネッドとともに、3人で町へと向かった。

Unforgiven 1992

感想

監督はクリント・イーストウッド。

許されないのは誰なのか。
娼婦を陵辱したカウボーイたち。そして、ネッドの遺体をさらしものにした保安官たち。さらに、マニー自身。

いずれも許されない。

西部劇はマッチョの世界だ。自力で自然と立ち向かう。世話になるのは家族と親しい友人だけだ。そして、フロンティアを目指し、旅をする。それがアメリカの保守層の感覚なのではないかと感じる。

そして、イーストウッドはガンマンに憧る男が、初めての殺人の後、その後味の悪さからガンマンを諦める姿も描き出した。

タイトルとURLをコピーしました