Virginia/ヴァージニア

スポンサーリンク
wowow

ミステリー小説家ボルティモア(ヴァル・キルマー)が訪れた呪われた街。そこでは、つい数日前に胸に杭を打たれた身元不明の少女が発見されたばかりだった。
ミステリー好きの保安官にこの事件を題材とした小説の共著をもちかけられるボルティモア。そしてエドガー・アラン・ポーが宿泊したとされるチカリング・ホテルで起きた過去の凄惨な事件を知る。
作家は謎の少女V.ヴィーに誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、<現在と過去>2つの事件の真相を紐解いてゆく。
その先に予想しえない結末が待ち受けているとも知らずに・・・。

Twixt 2011年

感想

監督はフランシス・フォード・コッポラ。

メタ小説の作成過程とメタ小説が入り組んでいて、謎解きをするだけではないのは良かった。
途中途中くすくす笑うようなシーンもないわけではないが、Vを演じたエル・ファニングのおかげでなかなか幻想的な美しさのある映画だった。

保安官があやしいのは出てきたときからだったが、謎解きメインの映画ではないから良いとしよう。
むしろメインはポーか。

そういえば、エルさん、Somewhereではソフィア・コッポラ作品に出演していた。コッポラ家の常連になりつつあるね。

Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]

Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]

ヴァル・キルマー, エル・ファニング, ブルース・ダーン, トム・ウェイツ
4,243円(10/20 02:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました