スーパーバッド童貞ウォーズ

スポンサーリンク

オタク仲間のセス、エバンとフォーゲルは、未体験のHのことで頭がいっぱいな高校生。見るからにサエない彼らが、同級生の女の子からパーティーに誘われた!が、「来るときにお酒を持ってきて」と。ふたつ返事で大見得を切ったものの、高校生の彼らにとって実はそれは超難題。しかし、童貞卒業の絶好のチャンスと思い込んだ3人は、お酒をゲットするためにあらゆる行動に出る!!

Superbad 2007年

感想

監督はグレッグ・モットーラ。

フォーゲルと警官コンビの三人が笑える笑える。そりゃそうだ。一人はセス・ローゲン本人だもの。
メインキャラクターであるはずのセスとエヴァンではなく、サブキャラクターの方が魅力的なのは、ケヴィン・スミス作品の「ジェイとサイレントボブ」みたいだ。

2007年作品でセス・ローゲン出演ということは本人が高校生をしているのかと思ったら、警官だった。25歳か。25でこんな脚本書いちゃうんだもんなあ。すごいよなあ。

さて、「ザ・インタビュー」による北朝鮮からのアメリカに対するサイバー攻撃で話題のセス・ローゲン。
こういう作品なんですよ。アホなコメディなんですよ。
北朝鮮もそうカリカリする必要はないのだよ。なんだか、セスの掌の上で踊らされているというか、起きていることそのものができの悪いコメディみたいだと思ってしまう。

エヴァン役に見覚えがあるが、と思ったら、「スコット・ピルグリム」だったか。

スーパーバッド 童貞ウォーズ [Blu-ray]

スーパーバッド 童貞ウォーズ [Blu-ray]

ジョナ・ヒル, マイケル・セラ, セス・ローゲン
1,400円(10/25 23:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました