戦神~MARS~

天才的バイクレーサーで、大学の人気者の樫野零(ヴィック・チョウ)。
内向的で周囲から孤立してきた麻生キラ(バービィー・スー)は同じ大学に通う学生。
ある日、零は美術部員であるキラが描いた母子のデッサンを偶然目にし感動する。
完成した絵をもらう代わりに、零はキラの絵のモデルを務めることに。
ある日、キラのデッサンが盗作されたことを知った零は、校内で暴れ、停学処分を受けてしまう。
徐々に、お互いの存在を強く意識し始めた零とキラ。
そんなときキラは、零の双子の弟・聖が、零の目の前で飛び降り自殺をしたことや、母親が幼少のころ他界したことを知ってしまう…。

出演:
樫野零・聖……ヴィック・チョウ(周渝民)
麻生キラ……バービィー・スー(徐煕媛)
杉原晴美……メーガン・ライ(頼雅妍)
木田達也……シュウ・ジエカイ(修杰楷)

2004年 原題「戦神」

>>Amazon 戦神~MARS~DVD-BOX <シンプルBOX シリーズ>

かなり古い作品ですが、本作前後が台湾ドラマの一つの黄金時代ではないかな。これまで見た台湾ドラマの傑作は、「ブラック&ホワイト」だと思っていて、本作は二番目とは言わないけれど、上位に食い込みます。

実は「流星花園」「戦神」「ブラック&ホワイト」は同じ監督、キャストも一部同じです。(「戦神」と「ブラホワ」の間に「白色巨塔」が入るのかな。)アラがかなりあるのですが、撮影技術がどんどん上昇していくのがよくわかります。

ストーリーそのものはかなり暗いです。レイプシーンその他がないわけではないので、そういうものが苦手な方にはおすすめしません。笑ってしまったのはバイクのレースシーンです。「流星花園」が日本で放送されたころだったのか、レースのシーンはどうも日本ロケで、観客は多分エキストラさんなんですね。。皆さん、良い意味でも悪い意味でもオートレースを観戦しに行くタイプではなさそうな方々で、流星のファンミでもあったのかしら、と思うのでした。

それは置いても、見所はヴィック・チョウの聖と零の演じ分けです。凄まじいものがあります。正確に言うと、零(現在と過去)、聖(過去&亡霊)なので、三つの演じ分けです。多少ムチムチ、というか、むくんで見えますが・・・。

>>Amazon >>Amazon 戦神~MARS~DVD-BOX <シンプルBOX シリーズ>
>>楽天ブックス戦神〜MARS〜 DVD-BOX [ ヴィック・チョウ[周渝民] ]

コミックリズが配信する場合、日本版にも大抵DVDでは中国語字幕が選択できます。楽天ブックスの販売ページをみると、廉価版でも中国語字幕があるようです。

Gyaoでも定期的に配信するので、それを待ってもいいかも。
>>Gyao ドラマ