若草物語

スポンサーリンク

アメリカ北東部の小さな町で暮らすマーチ家の4姉妹。しとやかな長女メグにジャネット・リー、お転婆で作家志望の次女ジョーにジューン・アリスン、心優しき3女ベスにマーガレット・オブライエン、美しい末娘エィミーにエリザベス・ティラーを配し、個性豊かな姉妹がそれぞれの経験を…

Little Women 1949年

感想

監督はマーヴィン・ルロイ。

ストーリーがとびとびに飛ぶ。
私が読んだのは福音館書店版。なので、メグの結婚とジョーがローリーを振るところで終わる。

若草物語 (福音館文庫 古典童話)

若草物語 (福音館文庫 古典童話)

L.M. オールコット
935円(10/16 12:31時点)
Amazonの情報を掲載しています


天路歴程ごっことか、ピクウィックごっことか面白いのに。あれで「ピクウィック」とかディケンズを知ったのだった。ディケンズで一番好きなのは出てこないオリバー・ツイスト。

オリバー・ツイスト (光文社古典新訳文庫)

オリバー・ツイスト (光文社古典新訳文庫)

ディケンズ
1,760円(10/16 18:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

さて、本作の主演、ジョー役はジューン・アリソン。メグ役は「サイコ」で絶叫女王と呼ばれるジャネット・リー。そして、原作では四女だが、本作では三女を演じるのはエリザベス・テイラー。ローリーと結婚するところまでいくので、少女ではいけないのだろう。確かにエリザベス・テイラーは美しい。けれど、けばけばしく、他の三人の方がよほど可愛いのだ。まあ、「エイミー」ってそういう人だからそれで良いのだけど。

眉の間を大きく開けるメイク方法はこの時代に特有なのだろうか。「風と共に去りぬ」のビビアン・リーを思い出してもらえれば良い。あれ。そういえば、「雨に唱えば」もそうだったなあ。

若草物語(字幕版)

若草物語(字幕版)

ジューン・アリソン, マーガレット・オブライエン
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました