好好!キョンシーガール〜東京電視台戦記〜

スポンサーリンク

川島海荷は、なんでも鑑定団の出演依頼を受けて、自宅の蔵を物色していると、「封印」と書かれた奇妙な鍋を見つける。 誤って蓋を開けてしまうと、中から101匹の凶悪なキョンシーたちが解き放たれてしまった。 すると、お札は少年に変身し、呆然とする海荷に対して、「責任をとって道士としてキョンシーと戦え」と告げる。 かたくなに拒む海荷だったが、自身が所属する9nineのフゔンがキョンシーの被害にあったことを知る…

2012年

感想

下手だ。下手だぞ、みんな演技が。バンバン、子供でもおっさんでもじいさんでもかわいくない。
それでも、川島海荷が可愛いじゃないか。
ただただそれだけ、下らなさすぎて全部見ちゃった。

各話が全て何かのパロディになってるのだが、ターゲットは我々80年代前半生まれだ。制作側もそれくらいの年代かもしれない。

好好!キョンシーガール ~東京電視台戦記~ Blu-ray BOX

好好!キョンシーガール ~東京電視台戦記~ Blu-ray BOX

川島海荷
13,200円(10/26 05:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました