スターリングラード

スポンサーリンク

   第2次世界大戦下の1942年6月、極冠の地スターリングラードでソ連(現ロシア)とドイツの両軍による激烈な戦いが展開されていくなか、若きソ連兵ヴァシリ・ザイツェフ(ジュード・ロウ)は狙撃の名手として国の英雄へと祭り上げられていく。しかしドイツ軍も、彼を暗殺すべくすご腕のスナイパー、ケーニッヒ(エド・ハリス)を彼の地へ送り込んだ…。

Enemy at the Gates 2001年

感想

問題はソ連の物語なのに、全編イギリス英語であることだ。主演のヴァシリは美男時代のジュード・ロウ。ダニロフを演じたのも「恋に落ちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズ。敵もアメリカのエド・ハリス。面白いな、とは思うのだが、ナチスの悪行の列挙と同様に、ソ連軍の劣悪、そしてどうしようもなさもこれでもか、これでもか、と並べ立てる。

戦争映画はプロパガンダである。
それは反戦であったり(「ヤギと男と男と壁と」、「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」「M☆A☆S☆H」)、ナショナリズムの高揚であったり、作品によってメッセージは変わる。しかし、どちらに立ってもプロパガンダであることには変わらない。

本作を見れば、もちろんまずは反ナチス、そして反ソ連・ロシアになっている。そこがユニークと言えばユニークであった。

スターリングラード [DVD]

スターリングラード [DVD]

ジュード・ロウ, ジョセフ・ファインズ, レイチェル・ワイズ, ボブ・ホスキンス, エド・ハリス, ロン・パールマン
6,287円(10/20 21:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました