ラウンダーズ

スポンサーリンク
HMV&BOOKS online

高い賞金を賭けたカードゲームで惨敗してから、マッド・デイモン演じるマイクは法律の勉強に専念するためギャンブルの世界から足を洗い、恋人(グレッチェン・モル 「クレイドル・ウィル・ロック」)とともに新しい生活を始める。しかし親友(エドワード・ノートン)が出所し、冷酷なポーカープレイヤー(ジョン・マルコヴィッチ 「マルコヴィッチの穴」)とのゲームで手に負えない結果を招くと、マイクは親友への忠誠心とゲームの誘惑から、再びポーカーの世界へ引きこまれていく。

Rounders 1998年

感想

監督はジョン・ダール。

スターになるまえのマット・デイモンとやっつけ仕事中のエドワード・ノートン。
エドワード・ノートンはすぐにやっつけ仕事雰囲気を出してしまうからいけない。途中でワームは逃げ出すから良いだろう?みたいな感じ。真面目に取り組めば良いのになあ。

マット・デイモンはその点丁寧。これがスターになるか、微妙どころで終わるか、の違いなのかもしれない。どちらが使いやすいか、というとマット・デイモンだもの。俺を一番にしてくれなきゃヤダ、な感じのエドワード・ノートンはいくら才能があっても使いにくい。

小さな役にも丁寧に演じていれば、例えば本作のジョン・マルコビッチのようなポジションを獲得できるのだが。

ストーリーははっきり言って微妙。

ラウンダーズ (字幕版)

ラウンダーズ (字幕版)

エドワード・ノートン, ジョン・タートューロ, マット・デイモン, グレッチェン・モル, レイ・イアニセリ, ポール・ヴァリオ, ファムケ・ヤンセン
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました