フォロウィング

スポンサーリンク

作家志望のビルは、創作のヒントを得るため、通りすがりの人々の跡をつける行為を繰り返していた。ある日、いつものように男の跡をつけていたところ、尾行していることがその男、コッブにばれてしまう。だが、コッブもまた、他人の私生活を覗き見てスリルを得るために、留守宅への侵入を繰り返していたのだ。家宅侵入のコツを教わり、創造意欲を刺激されたビルは、コッブの自信に満ちた行動に感化されてゆく。そして、数日後、ビルはコッブと2人で侵入したアパートで見た写真の女に興味を抱き、彼女の跡をつけ始める。しかし、その日を境に彼は思わぬ事件に巻き込まれていく…。

Following 1998年

感想

監督はクリストファー・ノーラン。

どこでどうどんでん返しがあるんだ、と楽しみにしていたのだが、なんだ、大してないじゃないか。ストーカーが泥棒をひっくり返す方が後味が良いのだが。

本作がクリストファー・ノーランのデビュー作。いわゆる「壮大なスケール」の監督なのだが、これはいかにも低予算。泥棒の「失って初めて気づく」という台詞も何かの伏線になるのだと思ったらならなかったし。んー。

フォロウィング [DVD]

フォロウィング [DVD]

ジェレミー・セオボルド, ルーシー・ラッセル, アレクッス・ハウ
20,000円(10/16 05:58時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました