デトロイト・メタル・シティ

スポンサーリンク

お洒落な渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京した心優しき青年・根岸崇一は、なぜかデスメタルバンドのギターボーカル、ヨハネ・クラウザー2世として活動することになり…。

2008年

感想

監督は李闘士男。

微かに古い感じの色みの映画だ。どういうことかというと、絵面がクリアではないのだ。デスメタルのギグも音量を上げない。ギグは爆音じゃなければ。デスメタルはそれほど声量ないが。映画の中ではモノローグが入るから、なのだろうけれど、それなら、もっともっとモノローグを入れるべきだった。クラウザーさんのスピード感と根岸ののんべんだらりとしたところの緩急をもっとつけるべきだった。
感動ものにしたてようとしたのがあざとく、私には逆効果だった。

松山ケンイチ、良いよ、良いよ。クラウザーさんとして農作業をしてみせるのが面白い。こういう役こそ似合うよなあ。

ヒロイン、加藤ローサもなんだか微妙だ。

ギャグマンガが原作らしいので、仕方がないのだろうが、松雪泰子は下手だ。こんなに下手な女優ではなかったと思うのだが。

カメオで博多の女子バンドをやっている美波がかわいい。

細田よしひこはキュートなのだけど、台詞が棒読みだ。「闘茶」でもこんなに下手だったかなあ。声と京都弁が混じってたのが良かったのかなあ。

宮崎美子は臭い。朗読には合ってるし、おそらく、舞台でもいいのだろうが、テレビや映画では下手だ。

ところで、ロバート。芸人を名前だけ使うために映画に出演させるな、と思うのだがほとんど台詞がないのでまだいいか。

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]

松山ケンイチ, 加藤ローサ, 秋山竜次, 細田よしひこ, 松雪泰子, ジーン・シモンズ
1,650円(10/16 12:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました