奥さまは魔女

スポンサーリンク

TVドラマ“奥さまは魔女”のサマンサ役に大抜擢された、新人女優のイザベル。
しかし彼女は、普通の恋に憧れて人間界に舞い降りてきた、本物の魔女だったのです──。
魔女であることを隠したまま、ダーリン役のジャックと恋に落ちるイザベル。
好きになればなるほど不安は募り、秘密にしていることに耐えられなくなった彼女は、魔女であることをジャックに打ち明ける…。

Bewitched 2005年

感想

監督はノーラ・エフロン。

非常に評価が悪い作品だが、やはり最悪映画だ。
何が悪いって、まずウィル・フェレル。主役をはれる俳優ではないのに主役に持ってきたことだ。次はニコール・キッドマン。実際のところはどうかは別としても、さほど清純なイメージのない女優にウブな役をさせると、かまととぶりすぎていけない。「コールドマウンテン」すらどうかと思ったのに、これはひどい。この人には「ムーラン・ルージュ」とか「誘う女」とかがばしっとはまる。

脇役も、マイケル・ケインを持ってくる意味が分からない。クリスティン・チェノウェスはグリーのシュー先生の頃のグリーのアイドルだった人役と変わらない。で、いる必要がない。

キャスティングがひどくてもストーリーで、と思っても、そのストーリーも面白みがなく、笑いは滑り、とてもお金を出してみたい作品ではない。

テレビ放送を録画できて良かった。もちろん、速攻で消した。そういや、米倉涼子のもひどかったな。

奥さまは魔女 [DVD]

奥さまは魔女 [DVD]

ニコール・キッドマン, ウィル・フェレル, シャーリー・マクレーン, マイケル・ケイン
1,019円(10/20 21:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました