キッド

スポンサーリンク

朝の散歩の途中で捨て子を拾ってしまったチャーリーは、その子を育てるはめに。5年後、成長した男の子はチャーリーの仕事を手伝い始めるのだが…。

The Kid 1921年

感想

監督はチャールズ・チャップリン。

捨て子を拾った浮浪者が、捨て子を育てる。

母親は女優の卵で、名前が売れて子供を探すことにするという話。

女優は自分の子と知り二人を探す。子供は奪われ、男は一人家に戻る。その悲劇。

男は子供の夢を見た。子供が迎えに来て、二人は女優の家にいくという大団円。

まともにチャップリン作品を見るのは初めてだと思う。
映画の原点はここにあるのかな。
いわゆる「泣ける」映画の制作者は本作を見直すべきだ。あなたのつまらない物語よりも100年近く前のこちらの方がよほど上等。

キッド The Kid [Blu-ray]

キッド The Kid [Blu-ray]

チャールズ・チャップリン, エドナ・パーヴァイアンス, ジャッキー・クーガン, トム・ウィルソン
3,081円(10/20 11:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました