モンテ・ウォルシュ

スポンサーリンク

大雪による被害で東部の金融業に買収された牧場に、モンテ(リー・マーヴィン)と相棒チェット(ジャック・パランス)が戻ってきた。モンテはサロンの女マルティヌ(ジャンヌ・モロー)と縒りを戻し、チェットも金物屋の未亡人メアリーと昵懇になる。
ある日彼らが牛を追っていると、調教師ショーティ(ミッチ・ライアン)と旧知のルファスにパウダーと名乗る二人の男がやってくる。職を探しに来た彼らだったが、親会社の命により、二人を雇うどころか若いショーティたちがクビになり、牧場を去っていく。
町の景気が冷え込む中、マルティヌは65キロ離れたチャーリービルに引っ越すとモンテに伝える。モンテは餞別にまとまった金を渡し、いつもそうしてもらっていたように彼女の髪を切る。
ある雨の日、酒場に現れた連邦保安官をルファスとパウダーが撃ち殺してしまう。二人と共にショーティも町を去っていく。チェットはモンテにメアリーと結婚して金物屋になると話す。彼らの結婚式を脱け出したモンテは、チャーリービルにマルティヌを訪ね、求婚する。どんな仕事をすればいいのかと悩むモンテに、マルティヌはあせらなくていいと優しく告げるのだった。
やがて町に戻ったショーティたちは、金物屋になったチェットを脅して、金を奪おうとするが・・・

MONTE WALSH 1970年

感想

監督はウィリアム・A・フレイカー。

老人にしか見えないモンテとチェットだが、いくつという設定なのだろう。西部の荒い自然の中で、こういう人たちの寿命は短そうだ。ひょっとすると30代後半なのかもしれない。

これしかないよな、と思い定め、極めてみても時代は変わる。

時代の変化に対して、引退という選択を取るのか、そのままで生き続けるのか。引退して転職しようとしても人はいずれ死ぬ。モンテは結局どうなったのだろうか。小屋を建てて貨幣価値の外で生きたかもしれないし、そのまま死んだのかもしれない。

それもまた、よし。

モンテ・ウォルシュ(スペシャル・プライス) [DVD]

モンテ・ウォルシュ(スペシャル・プライス) [DVD]

リー・マーヴィン, ジャンヌ・モロー, ジャック・パランス, ミッチ・ライアン, ジム・デイヴィス
1,790円(10/23 13:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました