ザ・シークレット・サービス

スポンサーリンク

JFK暗殺を阻止できず、それ以来罪の意識にさいなまれ続けるシークレット・サービスのホリガン。
ある日、彼のもとに謎の男ミッチから、「現職の大統領を暗殺する!」との予告電話が入った。
ホリガンは、今度こそ自らの職務をまっとうすべく、冷酷な暗殺犯に果敢と立ち向かう…。

In the Line of Fire 1993年

感想

監督はヴォルフガング・ペーターゼン。

クリント・イーストウッドはあまり好きな俳優ではない。外連味を強く感じるだけで大した理由はないので食わず嫌いと言っていいのだが。「正義の味方」「一匹狼」というのが苦手なようだ。この映画はまさに「正義の味方」の「一匹狼」だ。ただ、悪くはない。

敵役はジョン・マルコビッチだ。元CIAエージェントで国に裏切られて復讐に燃えるちょっときもい役を怪演していた。

こういうストーリーにはいらないと思うのだが、相手役はレネ・ルッソ。
ただ、この頃のこの人は本当に綺麗だ。

ただただ先は見える映画で、もちろんハッピーエンドで外連味たっぷり。ただただ、ジョン・マルコビッチの不気味さを見るための映画だ。後味が少し悪いのが、イーストウッドがレネ・ルッソと自分の家に戻ったときに留守電にマルコビッチのメッセージが流れるところだった。もちろん、二人は部屋からすぐに出るのだが、観客はマルコビッチのメッセージをしばらく聞かされることになる。

ザ・シークレット・サービス コレクターズ・エディション [DVD]

ザ・シークレット・サービス コレクターズ・エディション [DVD]

クリント・イーストウッド, ジョン・マルコヴィッチ, レネ・ルッソ
953円(10/16 12:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました