むしろmusicaddiction?と思ったのですが、あっちは(ほぼ)ジェイに捧げるコーナーなので、レスリーは別にしようと。

YouTubeでのレスリー・チャン巡りを開始すると、ロックレコードがレスリーのロックレコード時代のMVを公式に配信しているのにあたります。
一番押しされてるのが「追」(チョイ)。いいですね。97年のコンサートの最後の曲で、最後の一節を歌う直前に「僕を忘れないで下さい」なんてレスリーが言うのですよ。

この曲が使われている「金枝玉葉」は日本では「君さえいれば」というタイトルになっているのですが、DVDが絶版で、アマゾンでなんと14000円もします。レスリーの場合毎年何かが「デジタルリマスター」でリリースされるなどするので、いずれ再販されるのではないかと思いますが、実は香港でも絶版。港女ズはみな見たことがある作品らしいのですけど。テレビで放送したらDVDにコピーしてほしい・・・
唯一販売しているのは台湾ですが、こちらは広東語が入っていない北京語(國語と表記される)オンリーです。港女ズに「VCDでもなんでもいいから欲しい!」と叫んでいます。(YouTubeにあるんだけどね・・・)

さて、この曲「追」に戻ります。

オリジナル

張國榮さんのオリジナルのMVはこちら。


CDでは「寵愛」には入っています。ただ、この「寵愛」というCDは全体を通してなんだか音が曇っているし、レスリーの声があまり良くないのです。高音を意識しすぎています。レスリーの本領は低音なのに。K2HDで聞く方がいいのかなあ。でもまあレンタルできるものはレンタルする(そうでないと、レスリーは数が多すぎる)主義でして・・・

97年跨年演唱会にて

むしろ、97年跨年演唱会での方がよく声が伸びていると思います。


声が伸びている、というよりも、はじめはレスリーが喋るように、ささやくように歌い出し、スピードを上げていくのです。どことなく、男性の中の女性性がテーマ?と感じる「97年跨年演唱会」ですが、CDよりも力強く、疾走感のある歌い方です。音だけ聴くと駆け上がっていく多幸感で幸せ。でもMVで見ると怖いですね、この人。観客(といっても最前列くらいしか見えないだろうけど)を確認しながら、おナルに歌いながらも目が据わっています。ジェイ・チョウですらこんなに目が据わってないよ・・・歌い終えても曲が続くのですが、舞台を降りてバンドに挨拶。場所はホンハムでしょう。四方の観客に挨拶。そしてようやく下がるのです。気配りの人だったのね。生真面目すぎよ。

大馬熱情演唱会にて

私が好きなのは「大馬熱情演唱會」。「大馬」とはマレーシア公演なのでしょう。イスラム教国なので、長髪ではなく短髪。


少しリラックスして歌っていて、間奏のときに一度下がって上に真っ赤なコートを一枚羽織るのですが、その時にペットボトルの水を飲む、とか。香港では「熱情」は叩かれたようなので、こちらでは観客の反応が良くて機嫌がいいのでしょうか。お辞儀をしたり曲の終わりが長いのでここでもやはり最後の曲だったのかな。顔が晴れやかで(でもやっぱり歌ってるときは目が据わってる)好きです。この「大馬熱情演唱會」ってDVDになってないのかしら・・・

蘇打綠カバー

やはり、私の中国語ポップの王様はジェイ・チョウですが、もう一人(一組)挙げるならば、蘇打綠(ソーダグリーン)。ボーカルの呉青峰の透明感のある声が素晴らしいのです。台北に行ったときに、エラ(SHE)とのデュエット曲がガンガン流れていて知ったバンドです。そのデュエット曲の入っている「你在煩惱什麼」(Across The Trouble Water)というアルバムはジェイ以来、初めてアルバム一枚全て聞けるアルバムです。

その「你在煩惱什麼」のときのコンサートではなんと「追」を歌っています。

マカオなどでも歌っていますが、香港公演。
蘇打綠::追 @你在煩惱什麼?香港音樂會


間奏中に「聴的得嗎?」(聞き取れる?)と聞いたり青峰、かわいい。
で、レスリーの曲をカバーする場合、なぜかレスリー風味を残そうとするシンガーが多い中、青峰は「青峰風」に歌います。レスリーの97年と比べるとずいぶんとゆったりと歌うのですが、穏やかかつ伸びやか。ゆったりとした多幸感に包まれる素敵なカバーです。これ、青峰の歌う「追」はCDになってないのかしら。

台北ではしてないのかと見ると、小さい会場で(台北市立教育大學 大肆的笑演唱會)ではしているのですけど・・・

ad 300250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする