ビリー・リンの永遠の一日

スポンサーリンク

2004年イラク戦争。
味方を助けるため、危険を顧みずに飛び交う銃弾の中に身を投じたビリー・リン(ジョー・アルウィン)。
その雄姿が偶然ニュースにとりあげられたことで国の英雄になった彼とチームは、一時帰国の間に全米凱旋ツアーに駆り出される。
故郷の歓迎に再出兵をためらう気持ちが芽生えるビリーであったが、同時にその歓迎への疑念も生じる。
そして、いよいよ戦地へ戻る前日、ツアー最大の目玉となる感謝祭のアメリカン・フットボールのハーフタイムイベントに迎えられたビリー。
大歓声の中、彼は戦地を回想する…。

2016年

感想

台北京站威秀影城(台北駅隣接)で見てきた。

全世界で5箇所だけの、特別な仕様(120 FPS規格)で、台湾ではここのみ。そのせいで確か日本円で3000円くらいかかった。

監督が、アン・リーだったので「リン」は「林」さんではなく、Lynn。白人です。

平凡な青年のビリーは、イラクに出征し、「英雄」になったのだが。

アフガニスタン、イラクでのPTSDはこういうことかと。激しい光で、記憶がフラッシュバック、体の発作的な動きも止められない。

映画館で、特別仕様で見たからか、まあ、これはなかなかの恐怖体験でした。

ビリー・リンの永遠の一日 (字幕版)

ビリー・リンの永遠の一日 (字幕版)

スティーヴ・マーティン, クリステン・スチュワート, ジョー・アルウィン, ギャレット・ヘドランド, ヴィン・ディーゼル
Amazonの情報を掲載しています

配信で見ると、普通に反戦映画という感じになってしまうかな。なぜ日本で劇場公開がされなかったのかがよく分からない。

タイトルとURLをコピーしました