幸せのポートレート

スポンサーリンク

完璧主義のキャリアウーマン、メレディスは最高の恋人エヴェットと彼の家を訪れた。彼は家族に婚約者である彼女をお披露目するつもりだった…。だが、彼らを迎えたのは息子の将来の嫁に厳しい母、存在感の薄い父、妊娠中の長女、お酒とマリファナ好きな
次男、素直になれない次女、そして、ゲイの三男などクセのある者ばかり。メレディスとストーン一家の波長はまったく噛み合わず、クリスマス・イブに理想の愛を探して大騒動が始まる!

The Family Stone 2005年

感想

監督はトーマス・ベズーチャ。

サラ・ジェシカ・パーカーは地声で聞くとぶりっこのように聞こえてしまう。(それにしても顔が長い)
クレア・デーンズだったか。見ている間中ずっとグウィネス・パルトロウだと思っていた。

正直、退屈であった。
メレディスは頭が固すぎるし、「忙しい」つもり、「できる」つもりの人でしかないんだろうなあ、と思う。その相手が自由人のベン、というのはおそらく上手くいかないだろう。「理想の相手?」まさか。「合わない相手」を見つけてしまった感じだ。

幸せのポートレート [DVD]

幸せのポートレート [DVD]

サラ・ジェシカ・パーカー, ダイアン・キートン, クレア・デインズ
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました