セブン

スポンサーリンク

2人の刑事が追うのは、怜悧な頭脳を持つしたたかな連続殺人鬼。男は七つの大罪のいずれかに該当する者を狙い、おぞましい殺人を繰り返していた。そして最後には観る者の心を食い破る、驚愕のクライマックスが待つ。

Seven 1995年

感想

監督はデヴィッド・フィンチャー。

今みるとあまり衝撃を感じない。
ストーリーを知っているからだろうか。年を取ったからだろうか。

それにしても、今回モーガン・フリーマンは何もしないなあ。これを狂言回し、というのだとつくづく思う。

タイトルとURLをコピーしました