インファナル・アフェア II 無間序曲

スポンサーリンク

中国への返還前、香港が好景気に沸いていた1991年から97年までの7年間を背景に、黒社会と警察、そして彼らを取り巻く人々の交錯する運命を描く。

原題:無間道Ⅱ 2003年

感想

インファナル・アフェア 無間道」の前日譚。ヤンがどうして潜入捜査官になったのか、の話。

前作に引き続き、監督はアンドリュー・ラウ(劉偉強)とアラン・マック(麥兆輝)のコンビ。脚本は、アラン・マック(麥兆輝)とフェリックス・チョン(莊文強)、という、黄金のトリオ。

エディソン・チャンもショーン・ユーも(チャップマンすら)若く、肌がはっていてぴっちぴちで美しい。大好きなのだが、突っ込みどころ満載である。

まず、私生児のヤンがクワンとの関係を隠して警察学校に入学できたとしても、今度は潜入の側だ。ハウはヤンに父親が死んだことを伝えることができたのだ。警察学校にいたこともわかっていただろう。ハウはそんなヤンを信用できたのだろうか。

また、ハウは私立探偵にクワン殺害について調査させたのだが、そこで実行犯のラウは見逃されたのだろうか。小者すぎてわからなかったのだろうか。もちろん、ハウが知りたかったのは「誰が殺したか」よりも「誰が殺させたか」だから良いのだが。

ルク警視が爆殺されるところで、爆発した車はルク警視が寄りかかっていたので、ウォン警部のマンションの駐車場までルク警視が運転してきたのだと思うのだが。待っている隙に仕掛けたのだろうか。

撃たれたハウは弟、ヤンの腕の中で死ぬのだが、無線機を発見して潜入であることを知りがなら死ぬ。このフランシス・ンの演技、そしてここからしばらくのショーン・ユーの演技は素晴らしい出来なのだが、ハウは額をぶち抜かれているのだ。即死ではないかと思うのだが。

そんな細かいところはどうでも良いのだろう。善人だったサムがマリーの死を通じて悪人になり、殺しをそそのかしたウォン警部はルク警視の死を通じて善人になろうとする。ヤンは当初から善人でありたかったこと。悪人のラウはマリーへの愛に引きずられて悪の道に入ったこと。それを描くのが本作だから。

感傷的な作り(緩いメロディをバックにスローモーションで人が死ぬ、など)が多用されてもたつき、食傷気味な演出であるが、良いのだ。そんなことは。

ショーン・ユーは黒い皮のジャケットを着続けているが、これは、トニーがやっていた格好だ。ただ、この当時のショーンは健康的で、いつも少し病んだようなトニー・レオンになる、というのはちょっと似合わない。2012年現在のショーンはマッチョだ。

エディソン・チャンは全編通じてぼうっとしたような目をしているのだが、空港でマリーを見殺しにするときにはそのぼうっとした目が余計に恐ろしかった。

それにしても、カリーナ・ラウ。エディソンの端正な顔の恐ろしさとショーンの熱演とカリーナの凄みだけでも見る価値がある。

インファナルアフェア Ⅱ 無間序曲 (字幕版)

インファナルアフェア Ⅱ 無間序曲 (字幕版)

エディソン・チャン, ショーン・ユー, アンソニー・ウォン
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました