ウィーンを歩いて「恋人までの距離」ロケ地に行き着く

公開日時 作成者 satoko2件のコメント

⇒ウィーンで「恋人までの距離」のロケ地の見当をつけるの続きです。

ウィーンぶらぶら歩きをしていると、結局「恋人までの距離」(このタイトル嫌!「ビフォア・サンライズ」)のロケ地に行き当たります。
だって、適当にマッピングしたらこんなだもん。

Schwedenplatz駅周辺

シュウェデンプラッツ駅手前でU4に乗っていたときにふっと地上が見える所がありました。頭上に橋!
ああああ!ここだ!ウィーンで歩き始める寸前の橋だ!

そうそう。ウラニア側って書いてあった。
上がります。

歩きますが。

あれ?ウラニアまできちゃった。
ウィーンのドナウ川
そこまでの橋の近くに地下鉄が通ってるような感じではなかったし。
元きた道をそのまま戻るのはしゃくにさわる。
ドナウ川河畔を歩こう。そういえば、あの二人も歩いててホームレスの詩人に詩を書いてもらったよねー。
えええ!
ウィーンのドナウ川
まじやばいじゃん。
20年でこう荒廃したのか。それとも、夜をチョイスすることによって隠していたのかな。
対岸もこんな感じ。
ちっとも「美しき青きドナウ」じゃないじゃん。

青いのは確かだ。

目の前のトラックはゴミトラックでした。

横をUバーンが通っています。

連想したのは「バナナフィッシュ」という漫画で主人公アッシュが元の部下だったオーサーを倒すシーン。ニューヨークの真夜中の地下鉄が舞台だったのです。ストリートギャングなのです。今の(というよりもう5年近く前の話ですが)ニューヨークの地下鉄ってこういう落書きも少ないんですよ。ウィーン、やばい。

連絡先を交換しようか。いや、そんな野暮なことはやめよう。そう名残を惜しむシーンが船上レストラン。
ウィーンのドナウ川
夜に行こうと思っていたのですが、やめたやめた。

シュウェーデンプラッツ駅に戻り、目的地へ。
公共交通機関 ウィーン

トラム

ジェシーとセリーヌが歩き始める一番始めのシーンがトラムでした。

これは空港バスから撮影したもの。だから青みがかった絵になっています。こういう「古い」型のトラムが結構走ってました。新しいトラムはあんまり情緒がなくて撮影してないんじゃないかな。赤と白はオーストリアの国旗の色と一緒ですね。

公共交通機関 ウィーン

セリーヌとジェシーよろしく、後ろに乗ってみます。

大抵二両がくっついて走っているのですが、正直後ろ側はおすすめしません。
理由は安全の問題。

自然史博物館

「歩こう!」のシーンは自然史博物館。
美術史博物館
撮影したかったのはマリアテレジア像の方だった。

街歩き

また、あるとき、いわゆるリンク(中心街)内部を歩いていました。
ふっと人気がなくなります。遠くに前を歩いていた人の足音が聞こえます。
古い街並み
セリーヌとジェシーが青臭いことを言いながら歩いていた感じです。

人が頻繁に出入りする建物があったのでそこに入ってみたら、中庭を抜けて別の通りに出た、とかぶらぶらすると楽しかったです。

教会

ウィーン ルプレヒト教会
歩いていると一つだけ非常に古い建物がありました。
よく見ると赤と白のリボンがかけられていてどうも、オーストリア共和国の持ち物らしい。古い建物には大抵赤と白のリボンがかけられていることが多いのですよ。

後で調べると、ウィーン最古の教会、ルプレヒト教会だったようです。中に入れたか不明。ドアを開けてみたらよかったのかな。

こういう静かな場所でセリーヌとジェシーがお茶をしていましたね。
マリア・アム・ゲシュターゼ教会には行きました。

内部はそこそこ豪華。シュテファン寺院とは比べ物になりません。でも、こちらの方が「信仰」がある感じ。ここで無神論者だと告白するかあ。

市民公園

市民公園から楽友協会まで

金曜日の夕方だもんね。

プラーター

ウィーンを出る前の日、少し時間があったのでプラーターへ。
プラーター
観覧車に乗るつもりはなかったけれど、ぶらぶらしようかと思っていました。
観覧車の近くまで行って「あー、ただの遊園地か」と引き返したのです。オーストリア女子に「プラーターに行った?」と聞かれて「行ったけど、遊園地だったね」「それだけ?」「何かあった?」「歴史的な場所なのよ」だそうです。何かあったのかなあ。

思った以上にいろいろ行ってました。
アルベルティーナ宮はしょっちゅうその前を通っていたのですが、撮影モードではないときだったのです。

というわけで、個人旅行&一人旅だと行き当たりばったり旅ができますよ。
【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

ウィーンを歩いて「恋人までの距離」ロケ地に行き着く への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です