香港フィルを聞きに自力でチケットを買って香港シティーホールへ行く

はい。1月の香港&台北話です。まだ引っ張ります。ちなみに3月はローリングストーンズが待っています。その話は4月にでも。

チケット入手方法

香港女子が「とるよ?」と言うのを(無理矢理)押し切りました。
頼む〜チケットを自分で購入させてくれ〜。(手間をかけさせてごめん)。シートは安いところにして頂戴、というリクエストにはお答えしました。

購入場所はURBTIX。以前(行けなかった)ジェイの香港コンサートでアカウントを取得していました

具体的な予約方法

(すみません。具体的にスクショをとりながら予約していったのですが、スクショをぜーんぶ削除してしまったらしいです!)アカウントを取得していればそのまま何ら迷うことなく進んでいきました。英語さえ読めれば大丈夫!いろんな発券方法のあるぴあの方が難しいと思います。

カートに入れて。座席を決めて。

迷ったところはチケットの発券方法。香港で発券するか、5ドルで通常郵便にしてもらうか。25ドルで追跡可能な国際郵便(EMS?)にするか考えます。ドルたって香港ドルですから。ネタ的に現地で発券することにしました。
確認のメールが来るので、それをプリントアウトして持っていけば良いでしょう。

香港から電話がかかってくる

出発は1月10日。コンサートは11日でした。当日発券すれば良いじゃん?が。9日の夜に香港から電話がかかってきました。
「まだチケット発券されていないのですが」
確認の電話でした。
「購入時に使用したカードを提示して下さい」
了解。
もちろん、英語ですよ。丁寧です、香港。仲が良くないとぶっきらぼうなんだけどなあ、香港は。

カウンターで発券する

てっきり台湾のi-bonみたいなかんじなのかと思い込んでたんですよ。日本もぴあで買ったチケットをセブンで発券してるから。が。沙田で香港女子に見せると「近くで発券できる」とタウンホール(沙田の役所?)に連れて行かれました。
20140122201610

確かにあった。有人無人のカウンターがあり、私たちは有人カウンターでプリントアウトしたメールと購入に使ったクレジットカードを見せて完了。
20140122201407

というわけでした。
無人の発券機はこれ。(確か撮影はシティーホール)
20140122201234
香港でコンサートに行こうかな、と思う方には、こんな発券方法もあるんですよ、という話でした。重要なのは日本のクレジットカードが使える、というところかな。

いざ、シティホール


大きな地図で見る

よく見えなかった方はこちらへ。
20140205190744
「シティホール」と聞くと現代のアメリカ系の英語では市役所を連想するので正解。が、香港の「シティホール」は本当にホール。ジェイクラスは絶対に無理ですが、こじんまりとしたとても良い感じのホール。いわゆる「厚生年金ホール」みたいな建物と収容人数です。

この前の広場がチムサーチョイ側を撮影する穴場かも。IFC2が目の前にそそり立って、ICCも収められます。センスないのでま、こんな感じ。
20140122201611
この写真では奥の小さな雪だるま(香港だよ?)がICC。
20140122201427
ICCだけを見てみましょう。ちなみに、これ、ビクトリア湾の対岸ですからね。

香港フィル

20140122201426
天井桟敷です。クラシックは真正面なら天井桟敷でも構わないな、と思っちゃう。ピアニストの手元がよく見えないのが残念でした。

演目はベートーベン。アンコールがチャイコフスキー。
有名どころです。
指揮のスピードはベートーベンにしては少しゆっくり目?と思いましたが、ベルリンフィル風の重厚な音作りで合ってます。華やかなピアノの音は少し華やかすぎるくらいでした。スタインウェイ?と聞くと女子がスポンサーがスタインウェイなのを見つけました。ホールにスタインウェイがスポンサーとして据え付けてるのか、今回だけなのかわかりませんでしたが。

チャイコフスキーは本当にぴったり。
「芸術に理解のない香港」として一種悪名高い香港なのですが、こんなに安く堪能できるなんて最高でした。

参照
http://www.cityhall.gov.hk/en/index.php

なお、この近辺でICCなどを撮影した写真はこちら「姉御のSKY100ガイド」の中に書いています。
9.2 セントラルから見るICC

シティホールはセントラルにあります。
MTRから遠くないホテルを選べばどこでも安心して帰れるのではないかな。
☆Hotels.com☆香港のお得なホテル特集★

「香港フィルを聞きに自力でチケットを買って香港シティーホールへ行く」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。