楽園の瑕

公開日時 作成者 satoko

評価5の映画です。
原題;東邪西毒 Ashes of Time
監督;ウォン・カーワイ(王家衛)
出演;トニー・レオン(梁朝偉)、レオン・カーフェイ (梁家輝)、レスリー・チャン(張国栄)、ジャッキー・チュン(張学友)、ブリジット・リン(林青霞)、マギー・チャン(張曼玉)、カリーナ・ラウ(劉嘉玲) 1994年 香港

香港版台湾版中国版なら
YesAsia.com

あらすじ

フォンは殺し屋斡旋家業を開いていた。フォンと友人のヤオシの周囲の人々の物語。

レビュー

小説であれば「連作短編集」といった体の映画だ。タランティーノであれば切り替わるときにはタイトルを入れるだろうが、ウォン・カーワイは入れない。受け入れられにくいのは、そういうとっつきにくさが要因かもしれない。「大英雄」も見る人を選ぶが、本作も選ぶ。
個人的には、この作品であればクリアな絵で見せても良かっただろうと思うのに、古い絵作りがわざとらしく感じられて減点。次に、雰囲気映画はそれほど好きではないのでまた減点、といったところだろうか。

キャスト

汚いレスリー・チャンと「もう一人のトニー・レオン」ことレオン・カーフェイが主役だ。暗く、陰気。トニー・レオンも陰気。ジャッキー・チュンもガキが成長する過程で陰気になってくる。

ブリジット・リンはあごが割れていて男装すると本当に男らしい。ただ、「妹」として嘆くシーンは美しかった。確かに中華一の美女だ。

「大英雄」

ただ、「大英雄」を見てからだと笑える。
キャストの違いはまず女優だ。妹弟子役のジョイ・ウォンと女王役のヴェロニカ・イップがおらず、本作には少女役のチャーリー・ヤンがいる。

俳優側は、キャストは同じだが、役が違う。本作では途中で死んでしまう盲目になりかけた剣士がいるので、東西南北はそろわない。いないのは南帝(仙人のタン)。
そして、田舎者役のジャッキー・チュン以外はみな役が大英雄とは違っている。フォンはトニー・レオンではなくてレスリー・チャン。ヤオシはレスリー・チャンからレオン・カーフェイ。本作のみにいる剣士がトニー・レオン。田舎者はやっぱり田舎者で、ヤオシはやっぱり女好きだが、フォンは悪人とまではいかない。それでも、出てくるだけで笑える。

下らない映画が好きな私は、「大英雄」が好きだ。ウォン・カーワイには感謝しなければならない。本作が遅れたために「大英雄」ができたのだから。

ロケ地はどこなのだろう。ゴビ砂漠とかその辺りだろうか。ブリジット・リンが湖面に映った自分の姿で修行を積むのだが、あの湖は見てみたい。

楽園の瑕 終極版」が出ました!もっと綺麗でクリアな画面でみるとうっとりするほど美しいです。絵はね。