黒衣の刺客

公開日時 作成者 satoko

【映画パンフレット】 黒衣の刺客 監督 ホウ・シャオシェン  キャスト スー・チー, チャン・チェン, 妻夫木聡, 忽那汐里, シュウ・ファンイー, ニッキー・シエ

原題: 刺客 聶隱娘
監督:ホウ・シャオシェン  
出演:スー・チー, チャン・チェン, 妻夫木聡, 忽那汐里, イーサン・ルアン
2015年 台湾

あらすじ

女は剣客だった。師匠に命じられ、従兄弟を殺しに故郷に帰ることになった。

唐の公主がかつて降嫁してきた。その公主は唐とその地の間を取り持とうとしてきた。その公主も先帝も亡くなった。女は領主の一族の出だった。公主は子を産まず、領主は側室の生んだ子を後継にした。その子のために公主は一族から女を選び婚約させた。しかし、領主は新興の元家からの嫁を望んだ。婚約が破棄され、女は元氏の邸宅を襲った。公主はそのために女を自分の双子の姉妹の道姑に預けたのだった。今の領主はその相手であった。

女は両親の元に戻る。母の愛情、亡き公主の思いやりを知る。しかし、師匠の命令は命令だ。女は領主とその愛姫を襲った。領主を切ることはせず、公主の形見を残した。領主は誰が戻ったか気づいた。領主は正室の元氏には子がいた。元氏は妊娠した愛姫を呪った。領主は元氏に釘をさす。「任地に行かせる。今度は事故が起きぬのう」そして叔父に預けた。叔父こそ女の父だ。車列は襲われ、女はそれを助けた。そこに異人が通りかかり、異人は一行を助けた。

異人は倭国からやってきた使者の一行だった。異人は妻を思った。女は師匠のもとにゆき、一時保留したと答える。情がお前の問題だと師匠は言い、女を襲うが女はきちんと反撃して見せた。

女は異人のもとに行き、異人の旅に付き合うことにした。

レビュー

地元では上映しないので、福岡映画祭に合わせて福岡で観てきた。

なんと「文脈」「文法」が異なる物語なのか。わかりにくいと言われるが、言葉だけは饒舌な王家衛の作品とは対極をなす。

とくに人間関係がつかみにくい。しかし、女と領主の関係など、進むにつれ何であったのかがわかるようになる。赤い仮面の女だけは誰だったのかわからないが、元氏だろう。それでも、決して不親切な物語ではない。でも、領主にあんなに喋らせなくてもよかったかもしれないな、と思った。

一番は問題だったのは事前に流れた情報が「殺人組織に誘拐された少女が故郷に戻り」というところだろう。もう一つは妻夫木聡を大きく見せたかったのか、女の心を、のようなところだ。どちらも違うなあ。

異人=遣唐使の随行員が女の心を溶かしたわけでもない。もともと、女は剣の道に生きるには情が強すぎるのだ。憐れみの心があり、子供の前では殺すことを躊躇する。そういう人なのだ。

しかし、それは本当に役に立たない。しかも暗殺者としてはまるで役に立たない。殺せ、と命じたら確実に仕事をしてくれなければ困るではないか。

最近あったことなのだが、ある方に私は仕事を頼んだ。頼んだことのアウトラインは完璧に伝わっていた。メモっていたところは見た。それが、「下絵」でプランが上がってきたときに、とんでもない代物になってしまった。理由は自分の頭で考えてしまったことだった。しかも、その「考えたこと」ということの意図は見えるのだけれど、全て的を外している。任せる、とは言ったのだが「最低限押さえて欲しいこと」というものは伝えたのだ。目的と目標まで伝えたのになあ。それを無視したので「自分の頭で考えた」ことが全て的外れになってしまったのだ。

そういうことなのである。

あの女は暗殺者としては生きて行けず、かといって表の世界に戻る場所はない。アウトサイダーである遣唐使以外に女を受け入れる人はいないのだ。遣唐使。いずれ帰国するかもしれないが、阿倍仲麻呂のように一生帰国できない者も少なくないのだ。

日本版では忽那汐里と妻夫木聡のシーンは加えられたということだ。台湾旅行のときにまだかかっていたので見たかったのだが、体力に問題があり見られなかった。その次の香港旅行ではディスクが出ていたが、多分台湾で買う方が安いだろうと、次回の台湾旅行に回すことにした。